CoinPostで今最も読まれています

LINEがNFTマーケットプレイスを提供へ、BITMAXウォレット内で売買可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

LINEのNFTマーケットプレイス

チャットアプリ大手LINEの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は9日、LINEのデジタルアセットウォレット「LINE BITMAX Wallet」内で、独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「NFTマーケット」を提供予定であると発表した。

なお、提供開始時期はまだ明かされておらず、追って発表するという。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFTの「価値の最大化を目指す」

提供を予定しているNFTマーケットについて、LINEは次のように説明している。

「LINE Blockchain」上で発行されたNFTの二次流通市場を構築することで、ユーザー間での取引の中でNFTの付加価値が高まっていく場を提供し、エコシステム内で流通する価値の最大化を目指します。

LINE Blockchainは20年8月にブロックチェーンサービス開発プラットフォームである「LINE Blockchain Developers」を発表。専門知識がなくても簡単にLINE Blockchain上でNFTなどのトークンを発行しサービスを構築できるサービスであると説明している。

また、LINE BITMAX Walletでは、ユーザーは、LINE Blockchain上で発行されたNFTを含むデジタル資産をLINEアカウントだけで秘密鍵を持つことなく管理することができ、手軽にLINEの友だちと送りあうこともできるという。

このように、LINE Blockchainは以前からNFT関連のサービスを提供してきたが、今回新たにNFTマーケットプレイスをリリースすることで、関連サービスとの相乗効果によるエコシステム拡大を図っていくと見られる。

LINE BlockchainとLINK

LINE Blockchainは4月、「LINE Blockchain 2021 Plans」と題して、2021年のプロジェクト計画を発表。「独自トークンLINK(LN)の新規取引所追加上場」「NFT関連サービスの拡張」や「dApps(分散型アプリケーション)拡大」など5つのプロジェクトを掲げている。いずれもLINKの普及に後押しすることを狙うものであった。

LINKは、LINE Token Economy構想において、インセンティブ設計としての利用を目的とした独自トークンだ。LINE Blockchainで構築するdAppsなどの様々なサービスで利用できるなど、LINEが構想するトークンエコノミーのインセンティブ設計を支える。

LINKのユースケースとしては、NFTの発行やNFTゲーム等の開発で、イーサリアム(ETH)等の他チェーンからLINE Blockchainへと乗り換える事例も散見される。

また、LINE Pay株式会社は20年11月、「LINKリワード」還元対象となっているUber Eatsや出前館などの加盟店で決済を行うことで、9%相当の還元をLINKに交換できる特典クーポンの配信を開始。LINEポイントクラブの特典に仮想通貨を追加したクーポンを配信するのは初めての事例となった。

その他の事例では、4月に発表された動画ストリーミングに特化するTheta Networkの日本ユーザー向けコンテンツサービス配信を開始したことが注目された。MGM、LionsgateやNASAなどのコンテンツが視聴できる「THETA.tv」がLINE Blockchain上のdAppsとして構築され、日本ユーザーからもダウンロード可能となった。

「NFT関連サービスの拡張」については、「LINE Blockchain基盤のNFTが活用できる新規サービスを拡張する」「ユーザーにブロックチェーン基盤の新しい取引経験を提供し、LINKの循環を促進しようと考えている」と説明していた。

今回発表されたNFTマーケットは、このプロジェクト計画の一環であると思われる。

関連:LINEブロックチェーン、21年のプロジェクト計画を発表

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア