有料ブログにビットコイン活用 Linksで新サービス

Linksで新サービス

合弁会社としてCoinPostが参画するLinks株式会社が16日、仮想通貨(暗号資産)を無料で送受信できる次世代コミュニケーションアプリの「Links」において、初となるサードパーティ製アプリ「文商」のリリース予定を発表した。

18日のリリースに先駆け、先着2000名にビットコイン(1000sat)が配布されるキャンペーンも実施する。

文商は、記事の有料配信を前提としたブログサービスだ。これまでの有料ブログサービスとは異なり、デジタル通貨の技術を活用することで、最小の決済単位を「1円未満」にすることを実現。執筆者と閲覧者を間接的に繋げる「投げ銭感覚」の価値のコミュニケーションを実現するサービスを目指す。

有料記事のハードルを安価な価格設定で低下させる。良いコンテンツの配信に対して追加の投げ銭等で新たなコミュニケーションの創出と、コミュニティ化の可能性を探る。

Linksのシステムを介すことで、ビットコインを扱うことや、サービスにログインするための煩わしさも解消する。電話番号認証されたLinksのアプリケーションを通じて、獲得したビットコインの管理も安全かつ簡単に管理することができる。

サービスは6月18日にリリースを予定。文商で利用するためのビットコインを事前登録キャンペーンとして配布し、リリース後も公式からの投げ銭等の追加応援キャンペーンも予定する。

事前登録キャンペーンについて

事前登録キャンペーンの詳細は以下の通り。

Linksアプリを通じた事前登録者を対象に先着2000名様にビットコイン(1000sat)

登録に必要なものは仮想通貨を受け取るための「Linksアプリ」のみ

Apple Stor‪e:ダウンロード

Google Play:ダウンロード

事前登録キャンペーン参加までの3ステップ

1. 文商にアクセス:キャンペーンページ

2. HP内の「Linksで事前登録」をタップ

3. Linksアプリケーションでログイン(文商へのアクセス端末でログイン方法が異なります)

スマートフォン:「アプリで開くをタップし、(連携を)許可する」で申請完了

PC:Linksスマホアプリを起動、QR読み込みで申請完了

Linksのプレスリリースはこちら

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します