米コインベース、仮想通貨3銘柄を新規上場

今週の上場銘柄は

米最大手仮想通貨取引所コインベースProは24日、3銘柄の新規上場を発表した。

新規取扱の対象は、BarnBridge(BOND)、Livepeer(LPT)、Quant(QNT)の3つで、入金は米時間23日より開始。コインベースProのサービスが利用できる全ての地域(シンガポールを除く)に対応し、取引は、6月24日PT時間9時以降始まるという。

また、取引ペアはBOND/USD、LPT/USD、QNT/USDの3つで提供される。

BONDは、DeFi(分散型金融)イールドリスクへのヘッジが可能なプラットフォームBarnBridgeのガバナンストークン。LPTは、分散型ビデオストリーミングプラットフォームLivepeerのユーティリティトークン。そして、QNTは、プライベートネットワークとパブリックブロックチェーンのコネクションを提供するQuantネットワークというエンタープライズソフトウェアソリューションにおけるユーティリティトークンだ。

なお、米コインベースの日本法人は先週、金融庁への暗号資産交換業登録を完了し、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)の第一種会員に加わったことが確認されている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します