CoinPostで今最も読まれています

Kyber NetworkCEOが語る:今、分散型取引所に注目が集まる訳

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Kyber NetworkのCEOロイ・ルー氏にインタビュー
Kyber Networkは分散型取引所(DEXまたは非中央集権型取引所)で、セキュリティーとユーザビリティーに重点をおいた取引所です。そのCEOロイ・ルー氏に創設に至ったきっかけや、これからのKyber Networkについてお話をしてくださいました。
分散型取引所について
中央集権型と分散型の違いについてや、分散型のメリット・デメリットやその改善策などについて、お話をしてくださいました。
分散型取引所とは
分散型取引所とは、中央管理者がいなくても仮想通貨の取引が可能な取引所の事です。 中央管理者が存在していないということは、自ら秘密鍵を管理しながら取引を行うことが出来ますので、秘密鍵を持っている中央管理者へのハッキングリスクが無くなります。

分散型取引所、Kyber Network

ロイ・ルー (Loi Luu)
分散型仮想通貨取引所「Kyber Network」の共同創設者兼CEO。シンガポール国立大学でコンピュータサイエンスの博士号取得。イーサリアムのスマートコントラクト用のオープンソースのセキュリティ分析ツール「Oyente」を開発。既存の仮想通貨の基盤層を保護するためのオープンソースプロジェクト「SmartPool」を共同開発した後、現在の「Kyber Network」の開発に至る。

-Q.カイバーネットワークのサービスについて教えてください。

カイバーネットワークは分散型取引所(DEX)です。

セキュリティーとユーザビリティーを重点的に考慮したDEXです。

我々の重要視しているところは以下の2点です。

1つ目はセキュリティに関してです。

現在は全てon-chainスマートコントラクト上で実装されています。

ですのでハッキングはほとんど不可能となっております。

2つ目はユーザビリティーです。

ユーザーがより使いやすくより簡単にサービスを使えるようにサービスの展開をすることにとても重点を置いています。

今まではテックに詳しい人しか使えないよ、と言われていましたが、そこを我々が変えていきたいと考えています。

ユーザーフレンドリーにして行きたいです。

また、今後の我々の取り組みとして2点あります。

まず1つ目にトレードが素早く行えるようにして行きます

つまりトランジッションが行われ次第送金がされ、トレードできるような仕組みが出来るようになります。

2つ目は流動性を保証する仕組みです。

この場合での流動性とは売買が素早く行えるということです。

現在あるたくさんのDEXは流動性が乏しいことで問題視されています。

我々のサービスはそこのメカニズムがしっかりとしており、誰もがトレードをしたい時にトレード出来る相手が見つかるようになっております。

仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク)とは?
Kyber Networkとは、スマートコントラクトを利用し、より利用価値の高い分散型取引所の構築を目指すプロジェクトです。

-Q.なぜ、カイバーネットワークを立ち上げようと思ったのでしょうか?きっかけを教えてください。

分散型がブロックチェーンの良さだと唱えられていますが、実際に見てみると中央集権的な場所も多く見られます。

そこで私は分散型のプラットフォームを作りたいと思い、分散型的ソリューション、DEXを作りました。

-Q.どの国で活動し、現在のプロダクトをローンチする/していくのでしょうか?

シンガポールで現在企業登録(登記)をしておりますが、オフィス展開をイスラエル(テクニカルチーム)、ベトナム(テクニカルチーム)、シンガポール(マーケティング/サービス管理など)で行なっております。

-Q.スタッフは何人ほどいらっしゃいますか?

去年の9月頃7人ではじめ、現在では、32人ほどいます。

多くの方はエンジニアの方々です。

-Q.現在、どの企業と提携をしていますか?または一緒に事業を進めていますか?

現在、サービスをさらによくするためにたくさんのプラットフォーム、ウォレットの方々と提携をしております。

なぜなら、たくさんの企業さんと関係を持つことにより、それぞれのサービスを使っているユーザーがカイバーネットワークを利用してくれるようになるからです。

-Q.どの企業がカイバーネットワークのライバルに当たると思いますか?

もちろん中央集権型の取引所でしょう。

ただし、おそらく今現状DEXは新しいシステムであるので彼らは我々のことをライバルだとは思ってはいないでしょう。

-Q.現状いくつくらいのDEXが存在するのでしょうか?

20~30以上のDEXが存在するでしょう。

しかしその中でも有名でよく知られているDEXは以下の5つではないでしょうか?

・EtherDelta

・OX

・raidex

・paradex

・IDEX(分散型と言っていますが現状中央集権のようなところもあります。)

-Q.企業としてのゴール/ミッションはなんでしょうか?

新しいトレーディング環境を作ることです。

安全で使いやすいDEXを作り上げることです。

-Q.ここでもう一度中央集権型取引所と分散型取引所(DEX)の違いを教えていただいてもよろしいでしょうか?

「中央集権型取引所」

中央集権的サービス=コントロール

オペレーションが全て一人の監督によって管理されていると言うことです。

ユーザーは管理者を信頼して利用する必要があります。

コインチェック事件のように管理者がハッキングにあったらそのサービスを使っているユーザーまでがその被害にあってしまいます。

「分散型取引所」

我々カイバーネットワークが目指すプラットフォームは全ての機能において非中央集権でやっていくと言うことです。

セントラルポイントがない取引所のことです。

ユーザーが我々を信用、信頼することが必要ないことがもっともの特徴でしょう。

-Q.分散型取引所(DEX)のメリット、デメリットを教えていただけますでしょうか?

(簡単にまとめさせていただきました。)

メリット

・セキュリティー

・透明性

・トラストレス

デメリット

・まだ新しいプラットフォームであること

・中央集権取引所に比べてUIがまだまだ乏しい

・スピードが遅い

・取引量が低いこと

-Q.どのようにこのデメリットを改善出来るとお考えですか?

より多くの人にDEXを使ってもらうようになるには多くの時間がかかるでしょう。

さらには教育も必要になってくると思います。

例えばなぜ、DEXが中央集権取引所より優れているのかをユーザーに知ってもらう必要があります。

3~5年は普及するには時間がかかると思います。

-Q.どの仮想通貨/どのような仮想通貨のタイプが上場する予定でしょうか?

イーサリアム、ERC20トークンがまず上場する予定です。

しかし、現在より多くの通貨を上場出来るようなソリューションを考えています。

例えば、ビットコイン、MONERO、ライトコインなどです。

-Q.通貨上場の基準はなんでしょうか?

取引量の高さ、コミュニティーが大きな通貨などで選定していきます。

-Q.ボラティリティ減少のためデリバティブ提供の詳細を教えてください。

これについてはさらにサービスが改善された後の話になると思います。

理想としましてはマーケットがすごくボラティリティが高い時、通貨の価値が一気に下がるとします。

future contractや前もって通貨の売買が可能にするサービスや、この価格で売買をする人をマッチさせるサービスを充実させることでしょう。

これに関しては現在我々が重点を置いてる点ではありませんが、将来的にはこのようなサービス提供を進めていく予定です。

-Q.Binance社など中央集権型なのにDEXの提供も開始しようとしています。

なぜそのような中央集権型取引所がさらにDEXに参入してきているのだと思いますか?

私が考えるに、セキュリティートラップ、政府からのたくさんの質問などに直面しているからではないでしょうか?

透明性を保ち、安全に取引所を運営していくことはかなり難しいです。

実際にBinanceでもこの前ハッキング事件がありましたし、実際一つのペアーの仮想通貨に影響を与えました。

ですから、より安全なDEXの必要性は感じているのではないでしょうか?

-Q.コインチェックのような中央集権型で資産が大量に流出したと思いますが、流動性やセキュリティ問題への解決策は?どうすべきだと思いますか?

さらに問題があると考えています。

それは価格操作です。

理由のない突然の価格/取引量の上下などです。

しかし非中央集権では全てが透明性を保ちパブリックブロックチェーンに繋がっているため誰もが確認することができます。

DEXが鍵になってくるでしょう。

-Q.どのように規制に柔軟に対応していく予定でしょうか?

とても良い質問ですね。

政府も遅かれ早かれDEXに対しても規制していくことでしょう。

現在世界中の政府関係者と話をし、我々の規制に関する提案や見方について話しています。

また、KYCなどをどのようにDEXが行うかなどを話しています。

coincheckのような中央集権ではハッキングなどの被害が起る可能性がある一方で我々にはそのリスクが限りなく低いことを説明したら政府もわかってくれると考えております。

-Q.DEXは流動性が少ないです。

それにはイーサリアムのスケーラビリティーも影響するでしょう。

イーサのブロックチェーンのスケーラビリティー問題の影響回避はどのようにするのでしょうか?

スケーラビリティーはパブリックブロックチェーンのメインの問題の一つでしょう。

ある意味このような問題に直面しているということは良いことでもあると考えております。

なぜなら、多くの需要が存在するということだからです。

我々はスケーラビリティーに関して独自の解決策を模索しております。

様々なテクニックを使っており、例えばステートチャネルをつかったり自分たちでスケーラビリティーをチェックできるようにしたりしています。

また将来的にはplasma、pos、sharding などが解決策になると思っております。

カイバーネットワークはイーサリアムの創設者ヴィタリック・ブテリン氏(Vitalik Buterin)が2つだけアドバイザーとして入っているプロジェクトの1つです。

-Q.なぜVitalik氏がアドバイザーになったのでしょうか?

vitalikは2015イーサリアムのリサーチをしていた時に我々は初めてのアカデミックペーパー(イーサリアムについて)を書きました。

そこで、Vitalik氏にフィードバックを頼んだのです。

とても優しい方でフィードバックをいただくことができました。

その後、カイバーネットワーク立ち上げの際にアドバイサーになって欲しいと訪ね、プロジェクトをみてアドバイサーになっても良いと言っていただきました。

-Q.ブロックチェーンや仮想通貨についていえば、シンガポール市場はどうでしょうか?

また、この市場ではどのような変化が見込まれますか?

シンガポールでの仮想通貨、ブロックチェーンに関する環境はとても良いでしょう。

政府も規制をせずにまだ、現状を見ている段階にあります。

現状まだ、規制は考えていない傾向も感じられます。

私が思うにメインの理由としましてはシンガポールは人口も少ない国ですし、仮装通貨のような最新技術が国にとっても良き影響を与えるものと考えているのではないでしょうか。

2つ目の理由はスキャムプロジェクトをシンガポールでは見たことがありません。

その考えられる理由としましては、エコシステムがセルフレギュレーションとなっていることではないでしょうか。

例えば弁護士がスキャムの可能性があるプロジェクトとは仕事をしないなど。

また、必ずKYCチェックをすることなでではないでしょうか。

コミュニティーがこの良き環境を作っていると考えております。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア