仮想通貨の国内現物取引高(21年5月次)、過去最高の5.1兆円規模を記録=JVCEA統計データ

国内取引所5月次データ

JVCEA(日本暗号資産取引業協会)は5日、21年5月における国内仮想通貨取引所26社の「統計データ」を開示した。

各取引所が取り扱っている全銘柄の現物取引高/月は、過去最高の5.1兆円(前月比123.3% 前年比612.4%)に達した。

JVCEA

今年5月は、近年稀に見る大荒れ相場だった。5月高値は8日に付けた約6万ドルで、同月19日には3万ドルの半値まで暴落した。

アルトコインのバブル崩壊から相場がピークアウトしたほか、5月12日にイーロン・マスクCEO率いるテスラ社がビットコイン決済の導入取り止めを突如発表。中国の規制強化も逆風となった。

アルトコイン市場

乱高下に伴い、アルトコイン市場の現物取引高も過去最高を記録した。

JVCEA

21年5月の取引高TOP5は、次の通り。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. XRP(リップル)
  4. クアンタム (QTUM)
  5. ビットコインキャッシュ(BCH)

4位のクアンタム (QTUM)は年初時点は200円台で推移していたが、今年2月と4月以降のアルトシーズンを経て過去最高値を更新。ハードフォーク及び大型アップデートの好材料を背景に、5月7日には3,900円まで高騰した。21年7月現在は、800円台まで下落している。

JVCEAの第一種会員には、国内の暗号資産交換業者、または暗号資産関連デリバティブ取引業者36社が加盟。第二種会員には2社が加盟している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します