DeFiレンディングAave、機関投資家向けの機能を提供へ

パーミッション環境のDeFi

大手DeFiレンディングプラットフォームAaveは増える需要に応じて、機関投資家向けのサービスを今月中にローンチする予定を発表した。

Aaveはフラッシュローン(Flash Loan)や信用委任(Credit Delegation)といったDeFi(分散型金融)サービスを提供するプロトコルだ。そのガバナンストークンはAAVEで、現在時価総額27位に位置する。

新たに提供されるのは、「Aave Pro」という機関投資家に特化したサービス。このサービスはAaveが一般ユーザーに提供しているパーミッションレスのものと異なり、「パーミッション(許可型)」にあたるという。

パーミッションとは

パーミッション(Permissioned)は、ブロックチェーンなどのネットワーク環境において、誰でもアクセスできるパブリック環境と違って、特定の管理主体が設けられ、認定されたユーザしかアクセスできない、「会員制」に似た仕組みを指す。

▶️仮想通貨用語集

Aave Proでは、まずBTC、ETH、AAVE、USDCの4銘柄に対応。Proでは、通常のAaveのプールと分けられ、流動性を共有しない環境となる。また、機関投資家をサービス対象とするため、通常のセルフカストディではなく、大手カストディ企業Fireblocksが担当する。

また、将来はProでもガバナンスの仕組みを実施する可能性があるという。

Aave Proが発表される前日、Aaveの創設者のStani Kulechov氏やFireblocksのMichael Shaulov CEOなどはオンラインイベント「Next Steps for Institutional DeFi(機関投資家のDeFiにおける次のステップ)」に登壇。Kulechov氏はこれまでのパーミッションレスなDeFiが継続的に活用されていきながら、プライベートなプールとホワイトリスト化されたパーミッション環境に置かれるマーケットから成るDeFiも生まれていく、と展望を語っていた。Aave Proのローンチを念頭に発言された内容と見られている。

現在、AaveはDeFiPulseのTVLランキングで1位にランクインしており、1.1兆円規模に及ぶ。

著者:菊谷ルイス

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します