韓国KPoPアーティストSe7enが新曲をNFTでリリース Symbolチェーン採用か

人気KPoPアーティスト、新曲をNFTで

KPoPアーティストのSe7enが新曲をNFTでリリースすることが分かった。また、NFT化する上でブロックチェーンにSymbolを採用している可能性があることが、公開映像から判明した。

Se7enは韓国のR&B歌手で、韓国のみならずアジアで知名度を持つアーティストだ。新曲「モナリザ」の発表はデジタルシングル「COLD」以来、実に2年5か月ぶりとなる。

出典: NFT Mania

曲名は「運命のような人に出会った瞬間を、美術館の絵「モナリザ」を見た姿に例えて表現」したことから来ているという。

曲は韓国語と英語版の二つがあり、これらがNFTとしてNFTマーケットプレイス「NFTマニア」にてオークションにかけられる予定だ。NFTマーケットプレイスはNFTをほかのユーザーと売買できるサービス。

映像を確認する限りでは、NFTはブロックチェーンSymbolで発行される模様だが、現時点でSymbolなどから公式情報は確認されていない。SymbolはNEMの開発した次世代のブロックチェーン。

NFT

NFTとは、「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。

▶️仮想通貨用語集

NFTマニアによるとこの曲がリリースされるのは「初回(今回)のみ」とされ、NFTを入手できるのは一人のみとなる。詳しい内容は公開されていないものの、サイト上では「曲をストリームするためのプロデューサーのデジタル権利を落札者に送る」との文言が確認できる。

「プロデューサーのデジタル権利」が単に曲を聴ける権利ではなく、著作権のような諸々の権利を示している場合、新曲が誰でも聞けるような状態になるかは、落札者の意向次第になる可能性もある。

関連:仮想通貨シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイント

著者:t.tenporin
参考:NFT Mania

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します