新たな仮想通貨VCファンド立ち上げ Acrylic、約60億円を調達

DCGなども出資

米ベンチャーキャピタルAccompliceの元パートナーであるAsh Egan氏が独自の仮想通貨VC『Acrylic』を立ち上げ、複数の業界著名投資家から60億円を調達したことがわかった。

Accompliceは米ボストンにあるVCで、これまで、Bison Trails(のちにコインベースに買収)やCoinList、Dapperといった仮想通貨関連企業への出資を行ってきた。そのほか、スポーツ賭博を手がける上場企業のDraftKingsなどの非仮想通貨関連企業などをポートフォリオに複数有している。

Egan氏は過去三年間Accompliceのパートナーを務め、その後独立した。今回、仮想通貨の多分野で初期投資を行うために、Accompliceのほか、米最大手仮想通貨投資企業DCG、Bison Trailsの創設者ら、Cendana Capitalなど、複数の投資家から資金を調達したという。

新しく立ち上げられた『Acrylic I』は、すでに4つの投資を行っている。中には、ガバナンス系スタートアップAutomata、米仮想通貨マイニング業者US Bitcoin Corpというものがあり、ほかの2つに関する詳細は明かされていないが、ビジネス向けのDeFi関連企業及びスマートコントラクトの監査企業とされている。

Egan氏はブログで投資戦略について、仮想通貨およびブロックチェーン技術を普及させる企業へのエクイティ投資を中心にしたいと説明。「私の投資テーマは、スマートコントラクトおよび仮想通貨ネットワークが全ての産業に浸透すること。どのようなマーケットプレイスでも仮想通貨ネットワークに支えられることは可能だ」とした。

著名VCのa16zが運用する2,400億円相当の仮想通貨ベンチャーファンドやBlockchain Capitalの330億円規模のファンドなどと比較すると規模はまだ小さいが、Egan氏は今回の資金で、スタートアップの創設者のビジョンが実現することを支援できるようなVCを立ち上げることが目的としてビジョンを語っている。

エクイティとは

エクイティ(株式・株主資本)は、新株発行を伴う資金調達を指す。公募増資、第三者割当増資など新株を発行するファイナンスに加え、転換社債型新株予約権付社債(CB)などによる資金調達も含まれる。(大和証券参照

▶️仮想通貨用語集

著者:菊谷ルイス
参考:Acrylic

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します