オーストラリア政府、ブロックチェーン関連企業2社に総額4.6億円の助成金

豪政府、ブロックチェーン企業に5億円支援

オーストラリア政府は12日、ブロックチェーン企業2社に総額4.6億円の助成金を付与したことを発表した。2社は、同国内で特に重要と位置付ける鉱物業界と飲食料品業界における、ブロックチェーン技術の利活用を検証していく。

オーストラリア政府のChristian Porter産業・科学・技術担当大臣は、同国の「ブロックチェーン・パイロット・グラント」プログラムの第一弾として、以下の2社に総額560万AUD(4.6億円)の助成金を出資する方針を表明した。

  • Everledger (QLD) :300万AUD(2.4億円)
  • Convergence.tech (VIC) :266万AUD(2.2億円)

Everledger社は、鉱物業界におけるブロックチェーン技術の活用を調査する。スマートフォンに使われるレアメタルなど、重要鉱物の採掘段階における「デジタル認証」の作成を行い、生産プロセスの効率化とコスト低下、および規制へのコンプライアンス容易化を目指す。

Convergence.tech社はビールや蒸留酒など、飲食料品における商品税の自動報告プロセスをブロックチェーン技術で作成。飲食業界における製品の生産、保管および輸送プロセスのコンプラコスト削減を図る。

ブロックチェーン企業への助成金について、Christian Porter産業・科学・技術担当大臣は以下のようにコメントした。

ブロックチェーン・パイロット・グラントでは、サプライチェーン全体での製品の追跡や顧客情報の転送などのプロセスを改善することで、ブロックチェーンが企業のコスト削減や官僚主義の削減に役立つ可能性を示す。

また、この2つのプロジェクトは、オーストラリアにおけるブロックチェーンの技術的・規制的環境を改善し、ブロックチェーンに関するリテラシーを向上させ、オーストラリア政府、民間企業、ブロックチェーン企業間の連携を促す機会にもなる。

オーストラリア政府は2020年2月に「ブロックチェーン・ロードマップ」を公開、同国のブロックチェーン戦略を打ち出していた経緯がある。

著者:Noah Sakamaki
参考:公式声明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します