コインベースの仮想通貨ウォレット、Polygonに対応

コインベースウォレットからPolygonへ

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースが提供するウォレット『コインベースウォレット」は、Polygon(ポリゴン)ネットワークへの対応を開始した。

Polygonとは

Polygonは、イーサリアムのスケーラビリティ問題に取り組むための開発フレームワークを提供。現在、450超のアプリで利用され、最大1,350万のユニークユーザーを獲得するなど、最近需要が増加している。

▶️仮想通貨用語集

Polygonへの統合は、コインベースウォレットのモバイルアプルおよびブラウザの拡張機能で対応。ユーザーはコインベースウォレットから「Polygon Mainnet」を選択し、Polygon基盤のdAppsへアクセスすることができるようになる。

コインベースウォレットはイーサリアムメインネットのほか、L2ソリューションの Optimistic rollupsへの対応も提供。今後は、「百万人規模のユーザーが分散型金融およびdAppsを利用できるよう、さまざまなL2ネットワークへの接続も行なっていく」と説明した。

コインベースウォレットのほか、MetaMaskなどのウォレットもPolygonネットワークに対応している。

著者:菊谷ルイス
参考:コインベースウォレット

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します