Nvidia:第1四半期は仮想通貨市場向けチップ売り上げが3億ドル弱に到達・全体の9%を占める

Nvidiaのチップ売り上げが公開
アメリカのGPUメーカーNvidiaが仮想通貨市場向けのチップ販売で2億8900万ドル(約316億円)を第1四半期に売り上げたと、Bloombergが10日に報じました。Nvidiaの第1四半期の仮想通貨市場での売り上げは、同社の第1四半期の売り上げ全体(32億ドル、約3500億円)の9パーセント以上を占めるに至りました。
第2四半期売り上げ予測
また、Nvidiaは仮想通貨市場への売り上げは第2四半期では3分の2ほどに減少する見込みであると発表しました。この発言の後、Nvidiaはニューヨーク証券取引所の時間後取引において株価を3.8%下げ、記事執筆時の11日現在の株価は260.13ドル(約2.8万円)としています。
Nvidia(エヌビディア)とは
NVIDIA(エヌビディア)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララにあるGPUで有名な半導体メーカー。仮想通貨市場向けのマイニングチップの販売にも事業展開をしている。

Nvidiaのチップ売り上げが公開

アメリカのGPUメーカーNvidiaが仮想通貨市場向けのチップ販売で2億8900万ドル(約316億円)を第1四半期に売り上げたと、Bloombergが10日に報じました。

Nvidiaは今回初めて、仮想通貨市場向けチップの収益情報を公開しました。

Susquehanna社アナリストのChristopher Rolland氏によれば、Nvidiaの2018年第1四半期(2月〜4月)のマイニング用ハードウェアからの売り上げは2億ドル(約218億円)と見られ、チップの売り上げはそれを大きく上回ったことになります。

NvidiaCEOのJensen Huang氏は、マイナーたちのGPU需要の増加による同社への期待の高まりに対し、十分応えていけると説明しました。

Huang氏は以下のように話しました。

仮想通貨のマイナーたちはこの第1四半期において、大量に我が社のGPUを購入してくれましたが、それによってGPUの価格は高まりました。価格の高騰で、ゲーマーなどの他の顧客層の参入を阻む結果となってしまいました。

Nvidiaの第1四半期の仮想通貨市場での売り上げは、同社の第1四半期の売り上げ全体(32億ドル、約3500億円)の9パーセント以上を占めるに至りました。

仮想通貨のマイナー向けのチップはOEM売り上げの76%を占め、直前の四半期比115%という数字になっています。

OEMとは、ある会社によって製造されたのち、別会社でさらなる工程を経て販売へと至るような製品を含む製造工程のことです。

第2四半期売り上げ予測

また、Nvidiaは仮想通貨市場への売り上げは第2四半期では3分の2ほどに減少する見込みであると発表しました。

この発言の後、Nvidiaはニューヨーク証券取引所の時間後取引において株価を3.8%下げ、11日現在の株価は260.13ドル(約2.8万円)としています。

2017年末の高値以来、市場全体が低下傾向で苦しい時期である中、マイナーたちのマイニング収益が今年のはじめに減少しています。

市場が低下傾向である一方、ハッシュレートは上昇し続けており、マイニングプールは世界規模で拡大しています。

また、Nvidiaの主要な競合会社であるAdvanced Micro Devices (AMD) は4月、売り上げ全体の10%を仮想通貨・ブロックチェーン関連の売り上げが占めている発表しています。

AMDのCEOの Lisa Su氏はブロックチェーン技術のポテンシャルを強調していますが、同社の成長はこれが主要な要因ではないとも説明し、以下のように述べました。

我々は、我が社の製品が使われている仮想通貨・ブロックチェーン領域に関して、非常にいいアイデアを抱けています。ブロックチェーンやマイニングは我が社の成長に貢献してくれていますが、それに頼り切って成長しているわけでは決してありません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加