Amazonがデジタル通貨の導入を計画 製品責任者の求人を掲載

デジタル通貨領域に本腰か

米アマゾンの求人募集で、暗号資産(仮想通貨)およびCBDC(中央銀行デジタル通貨)の経験を持つ人材を募集していることが確認された。同社はデジタル通貨決済の導入を計画しているようだ。

最新の求人ポジションは、「デジタル通貨・ブロックチェーンプロダクトの責任者」で、「デジタル通貨・ブロックチェーンの戦略およびプロダクトのロードマップの立案」が主な職務となる。「ブロックチェーン、分散型台帳、中央銀行デジタル通貨、および仮想通貨における専門知識を発揮し、開発するべき機能を立案し、プロダクト全体のビジョンを構築していく」と記されている。

また、この責任者はアマゾンの「決済受入とエクスペリエンスチーム」と連携するという。

アマゾンの代表者はCoinDeskの取材で、「仮想通貨スペースのイノベーションから発想を得ており、アマゾンに導入するとどんな風になるか模索しているところだ」、「未来は、顧客がアマゾンでより速く、且つコストの低いペイメントを利用できることだ」とコメントしたという。

アマゾンは以前にも仮想通貨分野で関連求人を実施していた。6月に、アマゾンのブロックチェーンサービス「Amazon Managed Blockchain(AMB)」として、DeFi(分散型金融)セクターの経験のある人材を募集し、「ブロックチェーン技術──DeFi業界もしくは伝統金融でプロダクトを実現させた経験者は理想的」とした。

また、2月には、デジタル通貨を用いるサービスの開発で、プロジェクトに携わるソフトウェア開発マネージャーを募集。この求人では、採用されたスタッフは「新興市場の顧客向けの革新的な決済プロダクト」を構築するための技術チームに加わり、プロダクトが最初に展開されるのがメキシコという。

著者:菊谷ルイス
参考:アマゾン , CoinDesk

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します