ウォーレン米議員、財務長官に仮想通貨規制の推進を要請

仮想通貨の規制戦略策定を要請

エリザベス・ウォーレン米上院議員は、暗号資産(仮想通貨)が金融システムにもたらすリスクが増大しているとして、ジャネット・イエレン財務長官に宛て、規制推進を実施するよう求める書簡を送ったことがわかった。

民主党のベテラン政治家で、昨年の大統領選にも立候補したウォーレン議員は仮想通貨懐疑派として知られている。6月に行われた上院の金融政策委員会の公聴会では、仮想通貨は三流以下のオルタナティブ資産で「お粗末な投資対象」と酷評。仮想通貨市場における消費者保護の欠如や違法行為の助長、環境への影響などを批判した。

関連:米上院銀行委員会、民主党ウォーレン議員が「仮想通貨に関する各問題」を批判

ウォーレン議員は7月26日付の書簡で、イエレン財務長官が議長を務める金融安定監督評議会(FSOC)が、「その法的権限を使って、暗号通貨のリスクに対処し、金融システムの安全性と安定性を確保すること」を強く要請している。FSOCは、2008年から2009年の金融危機を受け設立された機関で、金融システムの安定性を包括的に監視する役割を担う。

金融安定監督評議会とは

金融安定監督評議会(FSOC=Financial Stability Oversight Council)は 米国の金融システムのリスクに対応するため、金融改革法の下で創設された機関。金融監督当局のトップで構成され、財務長官が議長を務める。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨が金融システムにもたらしうるリスク

ウォーレン議員はまず、十分な規制整備が進んでいない米国で、仮想通貨が「投資家、消費者と環境にもたらす危険性」に対し懸念を表明。なお、仮想通貨に対する需要の高まりと時価総額2兆ドル(約220兆円)規模に成長した仮想通貨市場は、米国の金融システムにも、システミックリスクをもたらす可能性があると警鐘を鳴らした。

また現在、どれほど仮想通貨が金融システムに浸透しており、どのようなリスクがあるかについて、以下の例を上げて説明している。

  • ヘッジファンドやその他の機関投資家が仮想通貨に投資
  • 銀行:流動性リスク、信用リスク、市場リスク、運用リスク
  • ステーブルコイン:取り付け騒ぎが発生した場合のリスク
  • サイバー攻撃:規制の緩い仮想通貨がインセンティブに
  • 分散型金融のリスク:参加者や開発者の匿名性の高さを問題視

さらにウォーレン氏は、2019年の金融安定理事会の報告書を引用し、分散型の金融技術によって、新たな集中リスク、責任所在の不明瞭化、回復や解決に困難が生じる可能性などを指摘した。

FSOCが判断するべき

ウォーレン氏は、「米国の金融システムの安定性に対する新たな脅威に対応する」という、FSOCが設立された目的を指摘し、FSOCは「特定の金融活動を規制強化の対象とする」法的権限を有していると述べた。

そして、成長する仮想通貨市場が引き起こすシステミックリスクを抑制するために、この権限を行使することが、適切かどうかを判断すべきだと強調した。

米国がこれらの資産に対する適切な制度の導入を遅らせるほど、仮想通貨はさらに金融システムに結びつき、市場がストレスを受けた場合、深刻な結果を招く可能性がある。

また、ウォーレン議員は今月7日、米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長に対し、仮想通貨取引所の規制についてSECが持つ権限に関する質問状を送っているなど、仮想通貨規制推進に積極的な姿勢をとっている。

関連:仮想通貨取引所に対するSECの権限は? 米議員、ゲンスラー委員長に質問状を送付

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します