仮想通貨取引所に対するSECの権限は? 米議員、ゲンスラー委員長に質問状を送付

仮想通貨取引所に対するSECの権限

米民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員は、暗号資産(仮想通貨)の規制について、米証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長宛に7日付けで質問状を送付した。

仮想通貨取引所を適切に規制するために、SECの権限について情報が欲しいと要望。価格変動が大きく不透明な市場で、投資家や消費者をリスクにさらしたままにしている現在のルールを改善するために、SECに適切な権限を与えるよう議会が取り組む必要があるかを判断したいと説明している。

ウォーレン氏はベテラン政治家で、2020年11月の米大統領選挙に立候補した経歴も持つ議員。先月のCBDC(中銀デジタル通貨)に関する公聴会では、仮想通貨がオルタナティブ資産として存在感を高めていると言及し、現金の代わりとして見た場合、「仮想通貨は三流以下(4等級)のオルタナティブに過ぎない」と酷評したことで業界から反発されている。

米上院銀行委員会、民主党ウォーレン議員が「仮想通貨に関する各問題」を批判

今回の質問状では、仮想通貨取引所の説明から始め、コインベースの出来高の増加、そのコインベースが株式を上場したことなどに言及し、近年仮想通貨の需要が高まっていることを指摘。そのような環境下で、米国の規制を遵守しないで取引所を運営できる可能性があるとし、SECや米商品先物取引委員会(CFTC)の規制の枠組みが不十分であると述べている。

また、詐欺や市場操作に対する保護が行き届いていないとも主張。送金や支払いに関する国家レベルの規制はあっても、それだけでは仮想通貨の取引市場を安全に運営するには不十分だとした。規制が不十分だと、出来高や仮想通貨の価格などに関する正確な情報を、投資家が入手することもできないと主張している。

さらに、DeFi(分散型金融)も含め、過去6カ月間で詐欺の被害に遭う人が増えていることなどをデータを用いて指摘。仮想通貨業界は成長しているのに、投資家保護の規制が不足していると、持続可能な方法で市場が発展しないと主張している。SECが、証券取引所と同様に運営されている仮想通貨取引所の規制も担当するのであれば、双方に同様のルールを設けるべきだとした。

質問内容

ウォーレン議員は上述したように、仮想通貨取引に参加する投資家や消費者を保護するために、SECの現在の権限を理解する必要があるとし、その後で議会がどのようなアクションを取るべきなのかを知りたいと考えている。ゲンスラー委員長も以前、仮想通貨の規制整備は議会と協力して行なっていきたい意向を示した。

米上院銀行委員会、民主党ウォーレン議員が「仮想通貨に関する各問題」を批判

今回の質問状には7つの質問を記載し、28日までの回答を要求している。質問の大まかな内容は以下。

    1. 仮想通貨取引所は公平に、正しく、効率的に運営されていると思うか? そう思わない場合、SECはどんな問題を認識しているか?
    2. 取引対象の仮想通貨と従来の有価証券にはどんな違いがあり、それは投資家保護にどのような影響を与えるか?
    3. 仮想通貨取引所の規制に対するSECの管轄を説明し、従来の証券取引所に対する権限との違いを述べて欲しい。
    4. バイナンスのように拠点を持たない企業もあるが、仮想通貨取引所の規制において、国際的な協調はどのぐらい必要と考えているか?
    5. 「DeFiのデリバティブ商品取引は違法になる可能性がある」などと指摘するCFTCのDan Berkovitzコミッショナーの意見に賛成か?
    6. DeFiのプラットフォームについて、投資家保護の観点からSECの管轄においても懸念事項はあるか? ある場合、SECの課題は何か?
    7. 中央集権型の取引所と比較し、分散型取引所(DEX)に追加すべき投資家保護対策は十分か?
米CFTC委員、未登録DeFiデリバティブが米国で違法になる可能性に言及

DEXとは

「Decentralized EXchange」の略。ブロックチェーン上に構築された、中央管理者がいない取引所を指す。

▶️仮想通貨用語集

著者:K.Kobayashi
参考:質問状

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します