リップル社はXRPが独立状態で自社商品ではないと再度強調|SECはXRPを有価証券とするか否か

XRP Symbol プロジェクト
XRPを支持するAlexavier Guzman氏は、リップル社の商標でなく、”XRP”に特定のシンボルや、ビットコインの “₿”のようにユニコードに互換性のある通貨表記がないことに気づき、新しく設定することを目的とした XRP Symbol プロジェクトを発足しました。
仮想通貨の証券への分類
現時点で、SECやCFTCは、特定の仮想通貨が証券に分類されるか否かの議論を非公開で行なっており、リップル社とXRPの密接な関係がここに来て障害になるのではないかと危惧されています。

XRP Symbol プロジェクト

もしXRP支持者のうちの1人が提案した案が採用されれば、時価総額世界3位の仮想通貨であるXRPは、大きなイメージチェンジを遂げるかもしれません。

今週初めに、Alexavier Guzman氏(以下、Guzman氏)は、XRPの新しいロゴ案を募り、文字コードの業界規格であるユニコードに互換性のある通貨表記にも適応しようと試みる、オープンソースのXRP Symbolというプロジェクトを公表しました。

Guzman氏は、XRPが、ISO 4217の通貨コードに沿った文字列である”XRP”を有しているのに対し、ユニコード規格に対応したシンボルがない事に気づいたことをForbesのコラムにて明らかにし、そのシンボルを作成する取り組みを始めることを促進しました。

同氏は、コラム内で以下のように記述しました。

私は、XRPが、ISO 4217通貨コードを使用している一方で、それ自体のシンボルや、通貨サインを所有していないことに気づき、XRP Symbolというオープンソースプロジェクトを始めるに至りました。ビットコインのような他の仮想通貨は、ユニコード規格に当てはまるシンボルを所有しており、ビットコインのシンボルは “₿”となっています。そして、XRPも他の通貨と同様の仕組みが必要だと考えました。

リップル社もその取り組みを推奨し、SNS上でこのプロジェクトに参画することを促しました。

Twitterでは以下のようなツイートがされました。

現在、コミュニティ内で、XRP独自のシンボルを決定しようという取り組みが行われており、私達も、この取り組みに賛同しています。XRPは、リップル社から独立しているのです。あなたのアイデアもぜひ提出してみてください。 #XRPCommunity

しかし、XRP Symbol プロジェクトは、XRPを使用した金融商品を開発し、発展させているサンフランシスコ基盤の企業であるリップル社のロゴとは異なるロゴを決定するという、さらなる目標も抱えています。

Guzman氏は以下のように記述しました。

現時点でXRPは、独自のシンボルやロゴを所有していないため、リップル社の商標と関連づけられてしまっているのです。これによって、多くの人々が、XRPがリップル社の商品であると勘違いしてしまい、XRPを”リップル”と呼ぶきっかけにもなってしまっています。

もちろん、XRPがリップル社の商品であるという認識は、同社がその資産の主要発行者でもあるので、単にロゴによって関連づけられているわけではありません。

一時期、リップル社は発行上限である1000億XRPの80%を所有(残りの20%は、発行者の間で分割)しており、その後、販売、助成金、寄付、贈与などによってXRPを市場に供給しました。

現時点で、同社は、600億XRPを所有し、大半はエスクローへの預託でロックアップされています。

仮想通貨の証券への分類

SECやCFTCなどの規制機関は、特定の仮想通貨が証券であるか否かを問う非公開会議を開きました。

アメリカ証券取引委員会(以下、SEC)が、初期段階にある仮想通貨業界での証券違反執行に乗り出し、リップル社とXRPの密接な関係は、ここ数ヶ月で障害となっています。

報告書によると、SECは、特定の仮想通貨が、証券に分類されるかどうかを内部で議論しているとされています。

この議論の情報は、公開されていませんが、規制局員は、5月7日にこの議論を行なったと明かしました。

オバマ政権下で、商品先物取引委員会(以下、CFTC)を率いた前規制局員であるGary Gensler氏は、もし彼自身がXRPを分類するとしたら、その流通構造から”証券不適合”として分類することを公表しました。

しかし、注目すべきは、同社の主張が、ここ数週間で変わってきていることでしょう。

4月に、市場ストラテジスト責任者のCory Johnson氏は、インタビューでXRPについて ”100%証券でないと断言できます。証券の基準を満たしていないのです。”と強く主張しました。

しかし、5月初頭に、リップル社の広報責任者であるTom Channick氏は、CCNに対して少々弱気とも感じられる以下のような声明を述べました。

XRPが証券であるか否かは、SECが決めることです。しかし、私達は、未だXRPが証券に分類されないと信じています。

確かに、この僅かなニュアンスの違いは考慮に値しないかも知れませんが、現時点での規制環境を考慮すると、重要な違いであると言っても過言ではないかも知れません。

As SEC Debates Whether Cryptocurrencies Are Securities, Initiative Seeks to Distance XRP from Ripple

May 13, 2018 by Josiah Wilmoth

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加