イーサリアム、大型アップグレード「ロンドン」が実行

ロンドンアクティベート

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の大型アップグレード「ロンドン(London)」は日本時間8月5日21時33分にブロック高12,965,000で予定通りハードフォークがアクティベートされた。

Ethernodes.org

このアップグレードの最大の特徴は、手数料モデルを変更するEIP-1559だ。基本手数料が新たに導入されるほか、手数料がバーン(焼却)される新システムが導入されており、ガス代の削減や供給面への変化によるイーサリアムのデフレ資産化(≒に伴うETH価格上昇)などが期待されている。

具体的には、以下の改善提案が導入された。

  • 手数料モデルの変更(EIP-1559)
  • 基本手数料のオペコードの追加(EIP-3198)
  • ガスの払い戻しの一部削減(EIP-3529)
  • 0xEFから始まるコントラクトの拒否(EIP-3541)
  • ディフィカルティボムを2021年12月1日まで延期(EIP-3554)

ETHバーンの状況

ロンドンアップグレードが一夜を明け、EIP-1559によるイーサリアムネットワークの「ベース・フィー(手数料)」の焼却数(バーン)は2,894ETHに及び、9億円に相当する。

出典:ultrasound.money

ultrasound.moneyがETHのベースフィー焼却のライブデータを掲載している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します