カルダノ(ADA)、次回アップグレード「アロンゾ」のテストネットが順調

「アロンゾ・パープル」始動

暗号資産(仮想通貨)カルダノ(ADA)の次回のアップグレード「アロンゾ」のテストネットについて完全に公開され最適化する段階に入ったことがわかった。カルダノの開発企業IOHKは7日、アロンゾ(Alonzo)のテストネットが「パープル」フェーズに入ったとツイートしている。

テストネットは5月にローンチされ、これまで「アロンゾ・ブルー」、「アロンゾ・ホワイト」という段階を経て、「アロンゾ・パープル」に到達したことになる。パープルの後は最終テストを行ってからメインネットでの立ち上げに進む予定だ。

テストネット

開発者が新しい機能を追加してその挙動を検証する、本環境(メインネット)可動前の試験環境のこと。テストネットは独立して存在しているので、もしシステムを壊してしまっても本番環境であるメインネットに影響を与えることがなく、開発者は心置きなく新しいアイディアを実装することが可能。

▶️仮想通貨用語集

8月末から9月初旬のメインネット実装が目標とされている「アロンゾ」では、スマートコントラクト機能の導入が注目されている。NFT(非代替性トークン)やDeFi(分散型金融)に関する開発も期待されているところだ。

ブルーとホワイトの公開範囲は、それぞれ50ユーザーと500ユーザーに限定されていたが、パープルのテストネットは完全に公開される。つまり、カルダノ上のスマートコントラクト「Plutus」を学習するプログラムのメンバー、ステーキングプールのオペレーター、仮想通貨取引所も参加可能だという。

ネットワーク参加者を拡大

IOHKは、まず150人以上のテストチームをパープルのネットワークに招待済で、 さらに、本日、Plutusパイオニアプログラムを卒業した300人にも、優先招待状を発行するとした。Plutusパイオニアプログラムとは、数千人の開発者に対して、「Plutus」のコーディング方法をトレーニングする教育コースである。

こうした最初の参加者の受け入れプロセスが正常に完了した後に、参加を希望する開発者すべてにアロンゾ・パープルを公開するという。

また、アロンゾ・ホワイトの段階から多くの取引所が参加していたが、パープルではさらに参加取引所を追加。IOHKは、メインネットワークをアップグレードする際に、できるだけ多くの取引所がアロンゾに対応するようにして、ADAユーザーが滞りなく入出金可能であるようにしたいと述べた。

開発チームは8月半ばに、さらに多くの詳細な近況報告を行い、アロンゾのメインネットローンチ日程についても最新の予定を伝える見込みという。

IOHKは、今回の報告を次のように締めくくった。

アロンゾは非常にうまく進捗しているが、まだこの先にやることはある。バグが発生するだろうし、何らかの困難に出会う可能性もあるが、それを解決するのがテストネットの目的だ。

統合、テスト、最適化などの面でも多くの作業が待たれているが、私たちは順調に前に進んでいるところで、嬉しく思っている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します