米テザー社がUSDTの準備資産内訳を公開、短期国債の割り当て増加

より詳細な内容を報告

ステーブルコインUSDTを発行する米テザー社が、6月30日時点における準備資産の内訳を公開した。今回は2回目の報告書となるが、前回(3月31日付)の報告書よりも、保有資産の格付けなど、さらに詳細な内容が記されている。

テザー(USDT)とは

テザーとは、テザー社の発行する、米ドルの価値に1:1で裏付けられたステーブルコインのこと。2015年に発行が開始され、数あるステーブルコインの中で最も規模が大きい。

▶️仮想通貨用語集

テザー社は「透明性に関する継続的努力の一環」として、四半期ごとに内訳を公開するとしている。この情報公開のh背景には、同社と暗号資産(仮想通貨)取引所のBifinexが、不正融資疑惑を巡る訴訟で、今年2月に1,850万ドル(約20億円)を支払うことで、米ニューヨーク司法当局(NYAG)と和解に至った経緯がある。

関連:謎に包まれていた「仮想通貨USDTの裏付け資産」 内訳をテザー社が初公開

資産配分の変化

今回の報告書では、628億ドル(約7.5兆円)の準備資産の85%が「現金及び現金同等物、その他の短期預金、コマーシャルペーパー」で保有されている。このカテゴリーの資産は前回より9.15%増加。また、デジタルトークンを含むその他の資産の割合は、1.64%から3%に増加した。

一方、「社債、ファンド、貴金属」の割合は9.96%から8%に減少し、担保貸付金に至っては12.55%から4%へと大幅に減少している。

  • 85%:現金及び現金同等物、その他の短期預金、コマーシャルペーパー
  • 8%:社債、ファンド、貴金属
  • 4%:担保貸付金(関連会社向けではない)
  • 3%:その他(デジタルトークンを含む)

現金・現金同等物の内訳

「現金・現金同等物」のカテゴリーの分類の詳細は以下のとおり。前回の区分から若干変更されている。

  • 58%:コマーシャルペーパー(CP)および譲渡性預金証書(CD)
  • 29%:短期国債(TB)
  • 12%:現金および銀行預金
  • 2%:リバースレポ・ノート

今回、米財務省が発行する満期1年以下の短期国債への配分は大幅に増加し、2.94%から29%と10倍になっている。現金に関しては、前回、信託預金として別途計上していたものを、「現金・銀行預金」としてひとまとめにした結果、前回の合計である28%から12%へ減少した。

CP(前回65.39%)の保有割合は58%に減少しているが、特筆すべきは、前回は非公開だったCP(今回はCDも含む)の格付けと満期日の内訳を報告したことだろう。その大半(85%)にはA-1+からA-3の格付けがついていることが報告された。また、満期日に関しては、90日以内のものが約34%、91日〜180日が約21%、181日〜365日が約45%と発表された。

なお、コマーシャルペーパーの発行者については開示していない。

テザー社の前回の報告書については、資産構成が低リスクで流動性の高い短期国債よりも、内容が明示されないコマーシャルペーパーに重点が置かれており、同社は顧客の資金で高いリスクをとっていると批判の声が上がっていた。

関連:公開されたUSDT(テザー)の裏付け資産、専門家が「問題点」を指摘

監査人が検証

テザー社の報告書は、Moore Cayman監査事務所によって検証されており、同事務所は、テザー社の総資産が負債を上回っていると証言している。

また、先月、テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者(CTO)とStuart Hoegner顧問弁護士は、米CNBCの番組で、今後数ヶ月以内に、USDTの監査結果が出るとコメント。これまで発表された報告書より、厳格な調査がなされている模様だ。

関連:仮想通貨テザー(USDT)に関する厳格な監査結果、数ヶ月以内に公開か

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します