仮想通貨テザー(USDT)に関する厳格な監査結果、数ヶ月以内に公開か

仮想通貨USDTの監査

暗号資産(仮想通貨)のステーブルコイン「USDT(テザー)」について、今後数ヶ月以内に監査結果が出ることが分かった。

USDTは今年5月、それまで不透明な状況にあった裏付け資産の内訳が公開されたが、今回言及された「監査」は、この時の調査よりも厳格に行われるという。USDTが全て資産に裏付けられているかどうかは、仮想通貨業界で長期に渡って議論されてきた問題であるため、監査の結果に対する注目度が高まっている。

テザー社のPaolo Ardoino最高技術責任者(CTO)とStuart Hoegner顧問弁護士は21日、米CNBCの「TechCheck」という番組に出演。その際Hoegner氏が、監査の結果が出るのは数ヶ月先だと語った。USDTについては2017年に、監査を行うことが発表されたが、そのまま結果が公開されていない。

USDTは現在、ステーブルコインの中では時価総額が1番高い仮想通貨。米ドルに連動したステーブルコインであり、ドルとの1:1の等価交換を保証していることが大前提であるが、過去には発行されているUSDTの26%は裏付け資産がないと報じられたこともあり、市場の懸念材料にもなっていた。

関連テザー社、仮想通貨USDTは100%の裏付け資産を持つと改めて説明

一方で今年3月には、監査企業Moore Caymanが「テザー社とグループ企業が保有する資産は、発行したデジタルトークンを償還するために必要な額を上回っている」と証明。

その時は裏付け資産がどのように保管されているか、報告書に詳細が記されていなかったが、今年5月には裏付け資産の裏付けまで公開された。しかし、その際Hoegner氏は、準備資産の約半分を占めるコマーシャルペーパーついて、「標準的な商習慣に従う」として契約先企業の詳細を明かすことを避けたり、社債やファンド、貴金属についての詳細についても明らかにしなかったりして、不透明な点が残されている。

コマーシャルペーパーとは

企業が短期で資金調達するために発行する無担保の約束手形のこと。

▶️仮想通貨用語集

関連謎に包まれていた「仮想通貨USDTの裏付け資産」 内訳をテザー社が初公開

今回のCNBCの番組では、「USDTは監査を受ける初めてのステーブルコインになる」との発言に対し、それはいつなのかと問われ、Hoegner氏は「数ヶ月で結果が出る」と回答。この発言で、USDTの裏付け資産などについて、さらなる詳細が明らかになるか関心を集めている。

Hoegner氏はこの番組で改めて、「現金だけではないが、USDTは全て準備資産に裏付けられている」と語り、「一番重要なのは、顧客からの償還を今まで一度も拒否したことがないことだ」と強調した。

著者:K.Kobayashi

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します