テザー社、仮想通貨USDTは100%の裏付け資産を持つと改めて説明

USDTの資産の裏付け100%

テザー社は改めて、ステーブルコインUSDTが100%の裏付け資産を持つと説明したことに注目が集まっている。

2017年のビットコイン(BTC)価格の記録的な暴騰は、仮想通貨取引所Bitfinexの1匹のクジラが引き起こしたという内容を更新した論文に対し、今週テザー社は正式に反論を発表した。

本論文は最初2018年6月に公開されており、ビットコイン価格の急騰時とUSDT取引高に約50%と高い相関性があり、ビットコインが低調なタイミングでUSDTが発行され、ビットコイン市場を押し上げたと指摘していた。

テザー社は、必要なデータが欠如しており欠陥のある内容と正式に論文を批判したが、その声明の中で「USDTは全て裏付け資産を持っている」と言及している。

関連仮想通貨バブルは一匹のクジラ説でテザー社が否定

USDTが全て資産に裏付けられているかについては、長期に渡って議論されてきた。米ドルとの1:1の等価交換を保証していることが大前提であるが、今年5月には発行されているUSDTの26%は裏付けがないことが報じられた。また4月には裏付け資産の不正利用疑惑でニューヨーク司法当局に告訴された。

関連仮想通貨USDTの約3割が米ドルの裏付け無し

5月の時点でUSDTの供給は28億ドル(約3060億円)を超えていたが、テザー社の現金および現金同等物(短期証券)の保有額は約21億ドルで、発行済USDTの約74%分相当しか資産を持っていなかったという。

現在流通しているのは約38億USDTだ。テザー社の透明性を証明するサイトによると、米ドルやユーロ、人民元を合わせ、現在テザー社は46億ドル(約5000億円)の資産を保有しており、つまり、USDTの発行分以上の資産を持っていることになる。

5月に裏付け資産の不足を認めたテザー社の顧問弁護士Stuart Hoegner氏もCoinDeskに送ったメールで、現在USDTは全て裏付け資産を持つと説明。そして5月に指摘された74%という数字に関して「特定の資産だけを指しており、全資産を指しているわけではない。USDTは現金や現金同等物など幅広い資産に裏付けられている」と話したという。しかし現金と現金同等物の実際の保有額は明かさなかった。

CoinPostの注目記事

決済手段としてテザー(USDT)人気上昇中 BTCの利用は激減
決済手段としてステーブルコインであるテザー(USDT)が利用されるケースが増えている。一方、ビットコインやイーサリアムなどの決済手段としての利用は減少傾向に。
米Bitfinex、隠蔽疑惑の8.8億ドル回収へ テザー問題で重要進展
仮想通貨USDT関連で重要進展。Bitfinex社らは、テザーが管理する顧客資産を利用して隠ぺいしたと指摘されていた8.8億ドル(約950億円)の回収に動くことがわかった。米裁判所に対して、証拠開示の申請書提出を行なった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら