CoinPostで今最も読まれています

NASDAQシステムを活用した仮想通貨取引所「DX」が6月に運行|BTC・ETH・BCH等取り扱い

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DX.Exchange
証券取引所NASDAQのシステムを活用した、仮想通貨取引所DX.Exchangeが来月に開始することが発表されました。最初の取り扱う通貨はBTC、ETH 、BCH、LTCなどの流動性の高い通貨を選んでいます。
DX.Exchangeの特徴
簡易の登録で済み、取引手数料はなく10ユーロ前後(約1300円)の月額料金を払うことになっています。また、プラットフォームには内部チャット機能が搭載されユーザー間の意見交換も行うことが可能になっています。
NASDAQとは
NASDAQとは世界で2番目に大きい証券取引所(一位はニューヨーク証券取引所)です。ベンチャー企業やハイテク企業が多く上場おり、アップルやアマゾン、任天堂などが挙げられます。

DX.Exchange

DX.Exchange(以下、DX)とは、世界初のNASDAQの取引エンジンを使用した仮想通貨取引所であり、来月に開始される予定です。

簡易な登録と取引手数料を無料で提供すると発表されています。

DXのCEO Daniel Skowronski氏(以下、Skowronski氏)は「当企業の強みは、ブランド力・技術・規制にある」と、オンライン金融ニュースディアFinance Magnatesの独占取材で述べました。

「ブランド力」は元より、NASDAQ社が得意とするマッチングエンジンなどの技術基盤は世界中の70もの取引所が頼りにするほどの技術力を誇ります。

規制の面では、NASDAQ社と手を組むことは、取引における最高の規制基準に則ることであり、二重計算取引のような共通エラーやバグ、偽取引量なども防げるとSkowronski氏は言及しました。

先月、NASDAQのCEOは「仮想通貨市場がきちんと規制され次第、独自の取引プラットフォームを開始することを考える」と言及しました。

最近では、エストニアとキプロスの証券取引委員会からの「マーケットメーカー」の免許も取得したため、DXは、顧客に全種類の仮想通貨取引商品を提供することも、顧客の預金と資金を預かることもできるようになっています。

しかし、現在、米国の投資者たちはDXを利用することができないということです。

同社の管理層は、米国の規制当局と連邦の許可に努めている最中です。

仮想通貨の選定

DXでは、顧客が法定通貨で仮想通貨を買い、仮想通貨の互換取引をすることも、取引された仮想通貨を法定通貨に戻し、引き下ろすこともできるそうです。

Skowronski氏は、

「我々は、法定と仮想通貨における、仮想通貨の保有とウォレットサービスを含むワンストップショップ(一か所での総合サービス)を作った」

と述べました。

DXの基盤において、まず最初に、流動性トップ6の通貨(BTC、 ETH、 BCH、 LTCなど)を加入し、第二段階では、トップ20~25の通貨及びマイナートークンをも追加するようです。

同CEOは

我々はブロックチェーン技術を支援している。

この経済システムが進歩するように、多々存在する仮想通貨の中から、将来性のあるものを綿密に調査せねばならない。

追加するに値する通貨のみ追加され、金を渡されたからといって追加することは断じてない。」

と、確固たる信念を示しました。

新しい仮想通貨のリスティングは以下三つのステップを踏まえなくてはなりません。

1.初期申請

2.面談

3.DX側の弁護士の意見書及び精査(デュー・ディリジェンス):開発チームとホワイトペーパーに対する厳しい検査

強固なセキュリティー

DXのプラットフォームは取引手数料を取らず、トレーダーは10ユーロ前後の月額料金を支払うことになります。

Skowronski氏によれば、DXのKYCはEメールアドレスと電話番号を提出することのみであり、規制当局に決められた必須のKYCとAML(マネーローンダリング対策)の基準を満たしつつ、速くかつユーザフレンドリーと期待できるようです。

その上に、サイバーセキュリティも仮想通貨取引によって、必要不可欠であると思われます。

この点では、ハッキングやその他の悪意ある攻撃を防ぐために、NASDAQの取引インフラを元に、サイバーセキュリティのスペシャリストを募集するとSkowronski氏は約束しました。

同プラットフォームには、内部チャット機能もあり、ユーザ間での意見交換や通貨に関するフィードバックも可能となります。

DX社はすでに、イスラエルで、プラットフォームのセットアップ及び将来の技術開発に努める「R&Dチーム(リサーチ&開発チーム)」に72人も起用しています。

 : Roland Magnusson/ Shutterstock.com

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。
10:30
LayerZero、脆弱性に関する指摘に反論
LayerZero LabsのCEOは、同社プロトコルのスマートコントラクトに脆弱性があるとの指摘に反論。仮想通貨の盗難につながる可能性もあるが、これは仕様であると説明している。
10:05
東欧モンテネグロ、リップル社とデジタル通貨の実証実験へ
モンテネグロのアバゾビッチ首相は、リップル社と協力してデジタル通貨またはステーブルコインを構築する実証実験プロジェクトを開始したと発表した。
08:30
マスターカード、ブラジルでバイナンスのプリペイドカード発行へ
仮想通貨取引所大手バイナンスは金融大手マスターカードと提携し、ブラジルでプリペイドカードを発行開始。
07:45
ツイッター、仮想通貨の決済機能導入か
ツイッターは、決済機能の導入に向けてソフトウェアを開発をしていることがわかった。Elon Musk氏は、仮想通貨機能を追加できるようにしたいと考えているという。
07:20
米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観
本日のニューヨークダウは7日ぶりに反落し、ナスダックや金先物なども全面安。ドル相場はFOMC政策金利や米雇用統計などの重要発表を前に買い戻された。
01/30 月曜日
17:15
YGG Japan、プライベートラウンドで4億円相当を資金調達
株式会社ForNは、YGG Japanがプライベートラウンドでスクウェア・エニックスやセガなど18社から4億円相当の資金調達を完了したことを発表。環境整備し「職業ゲーマー」の輩出を目指すとした。
15:47
岸田総理、メタバースなどデジタル技術用いた地方活性化に意欲 予算委員会の答弁で
自民党の神田潤一議員が衆院予算委員会で政府の「Web3政策」について質問し、地方創生に関するデジタル化推進提案を行った。これに対し岸田総理は、メタバースなど最先端デジタル技術を取り込んだ地方活性化に前向きな姿勢を示した。
12:43
米バイデン政権、仮想通貨のリスク軽減に関するロードマップを発表
米ホワイトハウスは仮想通貨のリスクを軽減するためのロードマップを発表。米議会に対し規制整備のための努力を強化するよう要請する一方で、仮想通貨と既存の金融システムの融合については「重大な誤り」と警告した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア