CoinPostで今最も読まれています

政情不安で通貨安懸念のアフガニスタン、仮想通貨に活路を見出す人々も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨でアフガニスタンを支援

武装勢力タリバンが首都カブールを掌握し、混乱に陥っているアフガニスタンで、暗号資産(仮想通貨)に活路を見い出そうとしている人々がいる。ビットコイン(BTC)などで寄付を受け入れるNPOが登場しており、一部の市民は仮想通貨で蓄財を守ろうとする動きもあるという。

アフガニスタン現地で活動している団体の「Code to Inspire」が、仮想通貨による寄付プラットフォーム「Giving Block」を介して寄付を受け付けた。

この団体は、アフガニスタンの女性を支援するプログラミングスクールを運営。学生は無料で、ゲームデザイン、ウェブデザイン、フルスタックプログラミング等の他、スマートコントラクトの構築やイーサリアム(ETH)のプログラミング言語Solidityなど、仮想通貨・ブロックチェーンプログラミングの基礎を学べる。

「Giving Block」では他にも、アフガニスタンでヘルスケア、子供や難民救済に携わる幾つかの団体に寄付が可能だ。

そうした団体の一つ「Hearts&Homes for Refugees」は、米ニューヨークを拠点とするNPO。米国に避難予定のアフガニスタン人を支援するために寄付を募っている。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)をはじめ、様々な仮想通貨を受け付けているところだ。

また、NFT(非代替トークン)の販売額を寄付する試みもある。コンサルティング企業Visualize Valueの創設者、Jack Butcher氏は、アフガニスタンの家族を1か月支えることができる緊急資金に売上を充てるためのNFTをリリースした。

NFT

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨で難局を乗り越えようとする人々

カブールでは、大きな混乱の中、多くの銀行が現金不足で営業停止に追い込まれており、人々が現金を引き出せない状況にある。現地通貨の価値は暴落し、生活必需品のインフレが起きている。こうした中、Googleトレンドによると、アフガニスタンで仮想通貨やビットコインへの関心が過去最高レベルに上昇した。

米メディアCNBCは、危機の下で、仮想通貨により経済的困難を乗り越えようとする人々を紹介した。

仮想通貨はアフガニスタン国内から世界経済へアクセスし、インフレに対して防衛する手段を提供している。経済的に身を立てていく手段として仮想通貨取引を始めた若者は次のように語る。

1ヶ月の仮想通貨取引で、建設業の1年分よりも多くのお金を稼ぐことができた。ただ仮想通貨でお金を稼ぐのは簡単だが、(ボラティリティなどの問題で)その富を維持するのは難しくもある。

また、仮想通貨の検閲耐性が、抑圧的な政府の下では人々を支援すると指摘する声もある。

DataReportal.comによると、アフガニスタンのソーシャルメディア利用者数は2020年から2021年にかけて22%増加し、全人口の約69%が携帯電話にアクセスできるようになったという。このため仮想通貨がさらに普及するポテンシャルが存在している。

一方で、現在アフガニスタンでは電力供給やインターネットが不安定で取引の妨げとなっており、仮想通貨は「ただ保有しているだけ」と現状を語る者もいた。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア