政情不安で通貨安懸念のアフガニスタン、仮想通貨に活路を見出す人々も

仮想通貨でアフガニスタンを支援

武装勢力タリバンが首都カブールを掌握し、混乱に陥っているアフガニスタンで、暗号資産(仮想通貨)に活路を見い出そうとしている人々がいる。ビットコイン(BTC)などで寄付を受け入れるNPOが登場しており、一部の市民は仮想通貨で蓄財を守ろうとする動きもあるという。

アフガニスタン現地で活動している団体の「Code to Inspire」が、仮想通貨による寄付プラットフォーム「Giving Block」を介して寄付を受け付けた。

この団体は、アフガニスタンの女性を支援するプログラミングスクールを運営。学生は無料で、ゲームデザイン、ウェブデザイン、フルスタックプログラミング等の他、スマートコントラクトの構築やイーサリアム(ETH)のプログラミング言語Solidityなど、仮想通貨・ブロックチェーンプログラミングの基礎を学べる。

「Giving Block」では他にも、アフガニスタンでヘルスケア、子供や難民救済に携わる幾つかの団体に寄付が可能だ。

そうした団体の一つ「Hearts&Homes for Refugees」は、米ニューヨークを拠点とするNPO。米国に避難予定のアフガニスタン人を支援するために寄付を募っている。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)をはじめ、様々な仮想通貨を受け付けているところだ。

また、NFT(非代替トークン)の販売額を寄付する試みもある。コンサルティング企業Visualize Valueの創設者、Jack Butcher氏は、アフガニスタンの家族を1か月支えることができる緊急資金に売上を充てるためのNFTをリリースした。

NFT

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

仮想通貨で難局を乗り越えようとする人々

カブールでは、大きな混乱の中、多くの銀行が現金不足で営業停止に追い込まれており、人々が現金を引き出せない状況にある。現地通貨の価値は暴落し、生活必需品のインフレが起きている。こうした中、Googleトレンドによると、アフガニスタンで仮想通貨やビットコインへの関心が過去最高レベルに上昇した。

米メディアCNBCは、危機の下で、仮想通貨により経済的困難を乗り越えようとする人々を紹介した。

仮想通貨はアフガニスタン国内から世界経済へアクセスし、インフレに対して防衛する手段を提供している。経済的に身を立てていく手段として仮想通貨取引を始めた若者は次のように語る。

1ヶ月の仮想通貨取引で、建設業の1年分よりも多くのお金を稼ぐことができた。ただ仮想通貨でお金を稼ぐのは簡単だが、(ボラティリティなどの問題で)その富を維持するのは難しくもある。

また、仮想通貨の検閲耐性が、抑圧的な政府の下では人々を支援すると指摘する声もある。

DataReportal.comによると、アフガニスタンのソーシャルメディア利用者数は2020年から2021年にかけて22%増加し、全人口の約69%が携帯電話にアクセスできるようになったという。このため仮想通貨がさらに普及するポテンシャルが存在している。

一方で、現在アフガニスタンでは電力供給やインターネットが不安定で取引の妨げとなっており、仮想通貨は「ただ保有しているだけ」と現状を語る者もいた。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します