仮想通貨取引所バイナンス、企業価値評価額20兆円で政府系ファンドから資金調達を検討か

バイナンス、大規模資金調達を計画か

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが、政府系ファンドから企業評価額20兆円(2000億ドル)で資金調達を検討していることがわかった。複数の関係筋の話として、中華圏の有識者であるColin Wu氏が報じた。

関係筋によれば、バイナンスは、過去に米大手VCセコイア・キャピタルから出資を断っており、バイナンス代表のCZ氏は当時、「規制当局との連携を支援できるVC企業にしか関心がないと話していた」という。バイナンスは現在、各国の規制当局から取り締まり強化の影響を色濃く受けており、規制当局から「営業許可証」を取得する狙いもあるとの見方を示した。

またWu氏は、バイナンス・シンガポールは過去にシンガポールの政府系VCファンドであるTemasek傘下のVertex Venturesから出資を受けたことがある。

このためWu氏は、バイナンス・グローバルにも出資するのは合理的だと言及。推定時価総額の評価額およそ20兆円について、今年4月にナスダックへ直接上場を果たした仮想通貨取引所コインベースの時価総額542億ドル(6兆円)であり、バイナンスの収益はコインベースの約4倍に達することを根拠にしている。

謝罪と訂正:8/23 18:14

先ほど発信した記事表記に誤りがあったため、謝罪と訂正致します。20兆円の資金調達ではなく、企業価値の評価額(バリュエーション)20兆円規模で資金調達を行う可能性がある、という趣旨でした。大変申し訳ございません。

バイナンス・シンガポールの動向

バイナンス・シンガポールは23日、新たなCEOとしてRichard Teng氏の就任を発表したばかり。Teng氏は今年3月にAbu Dhabi Global MarketのCEOを退任ており、それ以前はシンガポールの金融管理局(MAS)のコーポレート・ファイナンス部門のディレクターを13年務めた経歴を持つ。

CEO就任に際して、Teng氏は以下のようにコメントした。

我々は、ブロックチェーンや暗号技術が急速に主流になりつつある状況を目の当たりにしており、個人や機関、政府間で理解と評価を深める必要がある。

業界のリーダーや政策立案者と緊密に協力して、急速に成長している業界に対する理解を深め、その持続的な成長を支援したいと考えている。

バイナンスのCEOであるCZ氏は、以下のように述べた。

Teng氏がバイナンス・シンガポールのチームを率いて、より多くの戦略的パートナーシップを確保し、イノベーションを促進し、シンガポールの仮想通貨エコシステムを促進してくれることを嬉しく思う。

バイナンスは技術革新のリーダーであるだけでなく、規制コンプライアンスにおけるリーダーにもなる。リチャードの参画は、その方向に向けた大きな一歩となる。

取り締まり強化の対応策

バイナンスは目下、各国の規制当局から厳しい取り締まり措置を受け、逆風にさらされている。最近では、ブラジルの証券取引委員会がポルトガル語のデリバティブ取引の提供停止を発令した。この様な状況下にあるバイナンスは20日、既存ユーザーを含む全てのユーザーに対して、KYC(本人確認サービス)の徹底することを発表している。

KYCとは

Know Your Customerの略称で、本人確認手続きを指す。一般的な取引所では資金洗浄対策(AML)などの犯罪利用を防ぐために義務付けられている。

▶️仮想通貨用語集

著者:Noah Sakamaki
参考:Forkast.News

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します