ビットコイン市場が警戒する要因は?【CONNECTV・動画解説】

動画コンテンツ紹介

ビットコインの価格が8月の中旬から上昇していたが、25日現在においては反落気味の現状だ。

また、リップル社の裁判に関して、リップル社側とSECは一部のディスカバリー(情報開示)に関する終了期限を延期することに合意したという動きがあった。

今回のCONNECTVでは、暗号資産(仮想通貨)相場を簡単に振り返り、ビットコイン市場が警戒すべきポイントやリップル裁判の動向などについてCoinPost代表 各務貴仁が動画で分かりやすく解説する。

動画の目次

  • 暗号資産(仮想通貨)市場の最新動向
  • 日本の交換業者、騰勢ビットコインに2つの売り圧力について
  • Citiグループ、ビットコイン先物の取引を提供する可能性について
  • ビットコインETFが年内実現の可能性について
  • リップル裁判 一部手続きの期限を延長
  • 動画の視聴はこちら

    CONNECTV

    仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事でわからないトピックを動画で毎日解説する内容をお届けしている。

    国内大手仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ可能な有益な情報を配信予定。今後は、国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、仮想通貨・ブロックチェーン業界のキーパーソンがコラボレーションできる「場」の創出を目指している。

    著者:CONNECTV 編集部

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
    「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します