中国政府:28種類の主要仮想通貨格付けを公表|1位ETH・13位BTC・16位XRP・最下位NEM

中国政府による28種類の主要仮想通貨格付けが公表される
今回の仮想通貨レーティングでは、3つの要素の総合点でレーティングが行われました。1位はイーサリアムで、ビットコインは13位、リップルは16位で、最下位はネムとなりました。

中国政府の仮想通貨プロジェクトレーティング

17日、中国産業情報技術省の情報産業発展センター(CCID)が、仮想通貨レーティングを公表した、と中国メディアが報じました。

先週、中国政府が仮想通貨格付けを行うというニュースが話題になりましたが、今回でその全貌が明らかになりました。

その仮想通貨レーティングの内容は以下の通りです。

なお、以下の評価はパブリックブロックチェーンとしての評価(プライベートブロックチェーンではない、ビットコイン等のオープン型ブロックチェーンとしての評価点)となっています。

プロジェクト名 サブインデックス 総インデックス 総合順位
基本技術 応用性 革新性
Ethereum

特徴

80.3 23.7 25.4 129.4 1
Steem 82.6 9.4 23.9 115.9 2
Lisk

特徴

64.4 20.9 19.5 104.8 3
NEO

特徴

69.2 26.6 7.3 103.0 4
Komodo 60.3 12.8 28.5 101.5 5
Stellar

特徴

70.8 18.1 11.8 100.7 6
Cardano 60.3 13.7 24.3 98.2 7
IOTA

特徴

65.9 14.9 17.4 98.2 7
Monero

特徴

65.7 11.1 15.8 92.6 9
Stratis 60.2 19.3 12.2 91.7 10
Qtum

特徴

58.3 22.8 10.0 91.0 11
BitShares 71.6 12.3 7.0 90.8 12
Bitcoin

特徴

39.4 13.1 35.6 88.1 13
Verge

特徴

66.1 10.9 11.1 88.1 13
Waves

特徴

58.2 12.3 16.0 86.5 15

第16位〜28位には、以下の通貨が掲載されています。

  1. Ethereum classic
  2. Ripple
  3. DASH
  4. Siacoin
  5. Bytecoin
  6. Litecoin
  7. ARK
  8. Zcash
  9. Nano
  10. Bitcoin Cash
  11. Decred
  12. Hcash
  13. NEM

CoinPostの関連記事

仮想通貨時価総額ランキングTOP50|将来性と最新ニュースを徹底解説
ビットコイン、リップル、モナコインなど仮想通貨(暗号通貨)の「仮想通貨時価総額ランキングTOP50」です。通貨の特徴などポイント解説、前週比の相場変動まで一覧表で掲載。最新の海外ニュースや2017年仮想通貨ランキングもあるので、将来性の確認や参考投資情報としてお役立て下さい。
仮想通貨レーティングWeiss Ratings:ADA・NEO・EOSを賞賛|模倣コインに注意喚起
Weiss Ratingsは、今週初めの公式ウェブサイトの記事で、市場で最も注目されるいくつかのアルトコイン(特にADA・NEO・EOS)を好評価しました。一方で、ビットコインやZCashの模倣品に注意を促しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加