GMOグループ、NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版提供開始

「Adam byGMO」ローンチ

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社であるGMOアダム株式会社は31日、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Adam byGMO」β版の提供を開始したことを発表した。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

すでに1,000を超えるコンテンツが出品

同社は、Adam byGMOについて以下のように説明している。

「Adam byGMO」はNFTを活用したコンテンツ流通革命の支援を目的とした、真正性と安全性の高いデジタルコンテンツの決済・流通を実現する、NFT出品・購入のためのプラットフォームです。イーサリアムによる決済のほか、口座振り込みやクレジットカード払いに対応するなど多様な決済手段を持ち、従来のNFTマーケットプレイスより簡単・便利にお使いいただくことが可能です。

また、作品購入の都度、NFTコンテンツの作者であるクリエイターにロイヤリティが還元される仕組みとなっていることから、クリエイターのファンは「Adam byGMO」で作品購入を行うことで、応援するクリエイターへの支援を行うこともできます。

β版サービス開始時点で、立ち格闘技のK-1やYouTuberのヒカル氏のコンテンツや、総勢36名の漫画家・イラストレーターの作品のデジタルコンテンツ計1,192点が出品・販売されている。また、今後は『東京タラレバ娘』や『雪花の虎』などの作品を手掛けた漫画家・東村 アキコ氏の作品の出品も予定されているという。

近日中に正式版を提供予定であるとしており、正式版では一般のアーティストなどより幅広い層による出品が可能になるとしている。

Adam byGMOの特徴

Adam byGMOでは、NFTの取引において一般的に利用される暗号資産(仮想通貨)イーサリアムのほか、クレジットカード・銀行振込による決済が可能で、日本円での決済にも対応しているため、「暗号資産の取り扱いに慣れていない方でも簡単にNFTコンテンツを購入」できると強調した。

また、NFTコンテンツの保有者のみが視聴可能な限定コンテンツも提供しており、画像や音楽、動画等の形式で提供される。今後は以下のアップデートを予定しているとした。

  • 一般のアーティストを含む、より幅広い人が出品可能な正式版の提供
  • 「Adam byGMO」で購入したNFTを外部のNFTマーケットプレイスへ出庫する機能
  • 外部のNFTマーケットプレイスで購入したNFTを「Adam byGMO」へ入庫する機能
  • 英語・中国語(簡体字)対応

GMOインターネットは6月、マンガやイラストの公開・閲覧プラットフォームを提供する株式会社MediBang(以下、メディバン)と資本業務提携に関する契約を締結したことを発表している。

その際、「Adam byGMO」にて、メディバンの持つ技術をいかして世界中のアーティストやクリエイターが作品を制作しやすい環境作りに向けて協業するとしていたが、今回のプレスリリースでメディバンとGMO NIKKO株式会社を「『Adam byGMO』認定代理店」とし、「Adam byGMO」への出品申込・受付対応を委託していることを明かした。

関連:GMOインターネットとMediBangがNFT事業で資本業務提携、「Adam byGMO」を推進

著者:T.Kobayashi
参考:GMOインターネットグループ , Adam byGMO

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します