仮想通貨市場で大規模ロスカット発生 ビットコイン一時1万ドル幅の暴落

ビットコイン急落

仮想通貨(暗号資産)市場で8日、ビットコインが前日比-11%の大幅安を記録。アルト市場も全面安の様相を呈している。

ビットコイン相場は7日深夜帯に急落した。12時時点で580万円台だったBTC価格は、半日で1万ドル(約110万円)幅の下落を記録。一時500万円を大きく割り込み470万円台を付けるなどオーバーシュートした。円建500万円を下回って取引されたのは、8月20日以来半月ぶり。

日本時間22時過ぎには、新型コロナウイルス変異株により感染再拡大が嫌気され、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均株価が急落する場面があった。

大局的に見ると、43,000ドル付近の強いサポートライン(下値支持線)で急反発しており、少なくとも現時点ではトレンド転換したとは言い切れない。足元のチャートは崩れているため、しばらく様子見が無難な局面と言えそうだ。

同日、南米エルサルバドルで「ビットコイン法定通貨化」法案が施行され、同国政府がビットコイン(BTC)を購入するなど祝賀ムードもあるなか、アルトコイン市場の過熱感を背景にセル・ザ・ファクトで売り圧力が強まったとの見方もある。

一方、エルサルバドルの法定通貨化時にはトラブルも報じられた。国民1人あたり30ドル相当のビットコインを配布する計画だったが、採用した公式ウォレットへのアクセスが、負荷急増により一時停止(現在は使用可能)した。

なお、エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領は、今回の暴落で「押し目買い(Buy the dip)」したことをツイッターで明かした。エルサルバドル政府は、これまでに計550BTCの購入を報告している。

大規模ロスカット

今回の暴落により、仮想通貨市場では市場で大規模なロスカット(強制清算)が発生。CoinbaseやKraken、Geminiなどの市場規模の大きい米大手取引所のサービスでは、一部がダウン(取引停止)・または接続障害が確認された。

データサイトbybtのデータによると、24時間で清算されたロングポジションは36.8億ドル(約4050億円)に及び、内ロングポジション比率が90%を超えている。単一の精算データでは最も大きかったのがHuobiの4370万ドル(約48億円)で、大口の清算が響いた影響を受け、同取引所では米ドル建てで一時4万ドル(約440万円)を下回る価格まで下落。他の取引所と2,000ドル以上の価格差が生じた。

デリバティブ市場におけるファンディングレート(資金調達率)のプラス乖離やOI(未決済建玉)動向からは、高値掴みのハイレバレッジポジションを一掃したと見る向きも強い。

なお、DeFi(分散型金融)データサイト「debank」によると、DeFiレンディング市場における強制清算も、直近3ヶ月で最大となった。

DeFiのレンディングの仕組み上、担保資産の銘柄(ETHやその他のERC20トークン)が一定の価格水準を下回った際、担保率の関係から強制的に清算されるリスクがあり、これも影響を及ぼした。

支援計画が裏目に出たか

また、Redditの大手フォーラムメンバーなどが主体となり、Twitterハッシュタグ「#7SeptemberBuyBTC」を介して、エルサルバドルの法定通貨法案施行を祝し、ビットコイン30ドル分の購入を促す活動が拡散されていた。

これは、エルサルバドルのビットコイン法案への支持を示すことを目的としたもので、ビットコインを大量保有する上場企業マイクロストラテジーのMichael Saylor CEOなども同調した。

彼らは「ポンプ(相場の釣り上げ行為)ではなく、サポートジェスチャの一環」だと主張する一方で、事実売りのセルザファクトを加速させる一因となった可能性も指摘されている。

エルサルバドルでは、専用のデジタルウォレットとビットコイン普及を目的に、30ドル相当のビットコインが配布されることを発表していた。

関連:エルサルバドル、全国民に30ドル相当のビットコインを無料配布へ

動画解説

著者:CoinPost

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します