海運ブロックチェーン・プラットフォームGSBN、稼働開始 世界中のコンテナの3分の1をブロックチェーンでデータ管理

ブロックチェーンで海運物流データを管理

海運コンソーシアムGlobal Shipping Business Network(GSBN)は9日、世界通運システムにおけるブロックチェーン・プラットフォームのローンチを発表した。

開発にはオラクルやマイクロソフト、アント、アリババなどのIT大手が携わった。これにより、世界通運における全てのコンテナに関するデータの3分の1がブロックチェーン上で管理されることとなる。

GSBNはブロックチェーン技術を活用した通運企業向け非営利コンソーシアム。異なる企業や市場間の信頼性、そして効率性やセキュリティの向上を目指し、8社の大手海運企業が参画している。

具体的には、書類の発行や入出港、物流データなどのプロセスをデジタル化して、コンソーシアムブロックチェーン上で管理する。長期的には、より様々な国と地域、そして銀行やフィンテック企業などの誘致も目指しており、物流業界のデジタル化(DX)を推進していく。

IT大手との連携

また、GSBNは技術面でオラクルやマイクロソフト、アリババなどのIT企業と連携した。

グローバルな物流データ管理システムのブロックチェーンネットワークには オラクルブロックチェーンを活用。企業規格のパーミッションド・ブロックチェーンとして認知されている。

プラットフォームレイヤーでは、マイクロソフト・アジュールの東南アジア地域のシンガポールを選択。ステーrアビリティと機能性、セキュリティからシンガポールに決定した。

さらに、中国におけるデプロイメントにはアリババ傘下のアント・グループが手かげるブロックチェーン、アントチェーンとアリババ・クラウドを採用。こちらも企業規格のセキュリティとIoTなどの技術を提供する。

物流業界におけるブロックチェーン技術が導入される事例は少なくない。改ざん耐性を持つブロックチェーンの特性は、物流データの記録や管理に適しているとされる。

国内でも、日立製作所とみずほフィナンシャルグループが物流データを共有するブロックチェーンプラットフォームの実証実験を行った経緯がある。また、三菱商事やNTTも共同出資企業「インダストリー・ワン(Industry One)」を介して食品流通業界におけるブロックチェーンの実証実験を行っていた。

関連:ビットコイン暴落で一時3万ドルの節目割り込む、大荒れ要因と今後の展望

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します