CoinPostで今最も読まれています

ライトコイン騒動で仮想通貨市場混乱、イーサリアムのハッシュレートは今春のATH更新

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン相場と金融マーケット

14日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン価格は、前日比+0.21%の45,050ドルで推移している。

一見すると前日終値ベースでこそ大きな変動はなかったように映るが、昨晩はライトコイン(LTC)価格が一時前日比30%以上急騰、その直後に急落するなど乱高下した結果、ビットコインなど仮想通貨市場のボラティリティにも影響を及ぼし、投資家が振り回される場面(上図:①)があった。

背景には、「大手マーケットチェーンの米ウォルマートが、10月1日からデジタル通貨(LTC)決済を受け入れる予定」との誤情報がプレスリリースで流され、それを一部の米大手メディアが拡散。直後にフェイクニュースだと判明したことで、市場の混乱を招いたことがある。

ブルームバーグTVに出演したライトコイン開発者のチャーリー・リー氏は、ライトコイン財団を含めた一切の関与を否定した。今回のケースは悪質で、風説の流布、及び相場操縦など金商法上の違法行為に該当する疑いがあり、不正利用された配信プラットフォーム側は「再発防止策の対応、及び厳正な措置を講じる予定」としている。

関連:ウォルマート、ライトコイン提携の報道を否定

なお、デリバティブ(金融派生商品)市場では、7日の暴落局面で35億ドル相当のレバレッジポジションが一掃されたが、Bybtのデータによれば、現時点でも150億ドル相当の先物OI(未決済建玉)が残存する。

取引所別では最大手バイナンスの32.5億ドルを筆頭に、FTXが22.4億ドル、Bybitが19.8億ドル、Okexが15.5億ドルと続く。

このOI数は、短期間で半値水準となる1BTC=30,000ドル前後で低迷していた6〜7月の平均値よりも20%ほど高い水準であり、強気の見立ては剥落し切ってはいないとの見方もできそうだ。

関連:オンチェーンデータから見るビットコイン長期保有傾向は過去最高水準に

13日には、世界最大のビットコイン保有量を有する企業である米マイクロストラテジーが、平均取得価格48,099ドル(約530万円)で270億円相当のビットコインを買い増したことがわかった。中・長期展望における強気姿勢を崩していない。

関連:米マイクロストラテジー、再びビットコイン買い増し 270億円相当

イーサリアムの採掘速度がATH

DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性資産)市場の活性化に伴い、イーサリアムのハッシュレート(採掘速度)が過去最高の693TH/sに達した。今年春の”アルトシーズン”が終息する5月20日に643TH/sを付けピークに達していたが、この数値を早々に塗り替えATH(All Time High)を更新したことになる。

9月7日の相場急落後も大きな影響は受けていないことから、短期的な採算性の高さとETH2.0のPoS移行前の駆け込み需要があるものと考えられる。

出典:bitinfocharts(ETH採掘速度)

対するビットコイン(BTC)のハッシュレートは回復傾向にあるものの、中国当局による規制前水準の197TH/sの72%水準となる142TH/sに留まる。

出典:bitinfocharts(BTC採掘速度)

21年7月1日の中国共産党の創立100周年を前に、過去前例のない規模で当局の規制強化が実施された。これが同国内の大手マイナー(採掘業者)に向けられたのは、今年5〜6月のこと。この影響でマイナーは大規模設備の稼働縮小・停止を余儀なくされ、世界的なハッシュレートが激減。ビットコイン・ネットワークの不安定化と相場の動揺をもたらした。

その後、中国マイナーの海外移転および再稼働が進んだほか、7月上旬には歴史上最大のディフィカルティ調整(-27.4%)が行われ、マイナーの採算性が劇的に改善。相場環境も5月中旬〜7月下旬までの下落トレンドから一転して、8月以降に上昇トレンドに転換したことにより、ハッシュレートは回復していった。

関連:ビットコイン、難易度調整」で歴史的水準-27.4%を予定

中国マイナーの影響については、ハッシュレートの急落とブロック生成時間遅延の影響で、中国規制強化直後は、新規BTCの発行ペースは通常の1/3程度にまで鈍化した。効率の悪いマイナーは収益性を保てず、事業撤退(マイニング機器停止)やコスト補充のため、保有する現物BTCの売却が相次いだことも市場価格にネガティブな影響を与えたものとみられる。

一方、弱小マイナーの淘汰に伴い、売り圧力が一巡すると警戒感は後退した。

トレンド転換の節目にあった8月11日頃には、「Hash Ribbons(ハッシュリボン)」の買いシグナルが確認されている。同指標は、BTCのハッシュレート(採掘速度)について、30日移動平均線と60日移動平均線の2つを観測することで、マイナー動向から相場を予見するものだ。過去のデータから一定の信頼度が認められる。

関連:ビットコイン「トレンド転換」を明確に、ハッシュリボンの買いシグナル点灯

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア