Tether社が約275億円相当のUSDTを発行|BTC上昇相場に影響の可能性

USDTの新規発行
5月18日にTether Limited(テザー社)が約2億5千万ドル(約275億円)分のUSDTを新規発行したと報じられました。
過去の疑惑
今年の3月にも、USDTの大量発行が行われ、裏付けとなる米ドルが実際に保有されているのか、懐疑的であることからもテザー社に対し批判が殺到しました。その当時も価格操作への影響が指摘されており、今回も価格への影響があった可能性があります。
Tetherとは
Tether(テザー)とは、米ドル(USD)や日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。 よく扱われているのがUSDT(USD Tether)で、殆どの場合1USDT≒1USDというほぼ等価の図式が崩れることはありません。その性質上、仮想通貨売買における基軸通貨の一つとして扱われていることもあります。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

新規発行

5/18、約2億5千万米ドル分のUSDTを発行したと報じられました。

これにより、総流通量が25億枚にも達し、再びそのドル準備金の信憑性が問題視されました

今回の新規発行が問題視される理由を理解するために、過去の疑惑と今回の価格上昇への影響の可能性、最後にテザーの仕組みについても触れていきたいと思います。

過去の疑惑と今回の価格高騰への影響

昨年4月に、アメリカ合衆国で最も支店数が多い金融機関ウェルズ・ファーゴはBitfinexの送金処理を中止し、同取引所を利用する顧客は特別な手続きを踏まなければ口座からドルを引き出せなくなりました。

当時の銀行による停止処分の後、取引所の流動性の問題を解決する主な手段となっていたのがTether(テザー)だと言われていました。

しかし、今年の3月、テザー社が一日で3億ドル分のUSDTを発行したと判明しました。

それにより、監査法人との関係性が切れ、USDTの裏付けとなる米ドルが実在するのか怪しまれており、事実上の姉妹会社である大手仮想通貨取引所Bitfinexとテザー社の不透明さに対し多くのユーザーが批判しました。

この当時のビットコイン価格の高騰はこのUSDT大量発行により釣り上げられている疑惑が浮上していたため、疑惑が晴れた場合ビットコイン価格の崩壊につながる可能性があったこともテザー社に批判された理由でもあります 。

価格操作の疑惑の理由に関しては、昨年のビットコインの高騰の約50%が91回のUSDTの新規発行直後2時間以内かつBitfinexのウォレットに着金した2時間後に起こっているとの報告があります。

さらには、テザー社がBitfinexにUSDTを送金し、BitfinexはこのUSDTを証拠金にレバレッジ取引でビットコインを売買していたという推測もされています。

今回の価格への影響は

今回テザー社が約2億5千万米ドル分(約275億円相当)のUSDTを発行したのは5月18日です。

また大きな下落相場が続いていたビットコイン相場が8000ドルを切ったのち反発しましたが同日である18日、反発後bitfinexのチャートでは大きな取引量の増加が2回確認されています。

確実にUSDTの発行がこの価格反発へ影響しているかは定かではありませんが、取引量の増加と価格上昇の時期が再度一致したことになります。

テザーの仕組み

運営母体であるTether Limited(テザー社)が法定通貨の管理、そしてProof of Reserves(PoR)というシステムによって新規のTether(テザー)を発行しています。

簡単に説明すると、テザー社に法定通貨を預けると同額のTether(テザー)が発行され、テザー社から法定通貨を引き出す時にはTether(テザー)を入金すると引き出すことが出来て、その入金したTether(テザー)は消失する、という仕組みです。

これによりデジタル版のペッグ通貨(他の通貨と価値を連動させている通貨)を実現しているため、ビットコインの価格が下落した時の逃避先や利確として用いる投資家もいます。

しかし、仮想通貨の中でも特に中央集権的であることから、中央集権者であるテザー社が破綻、もしくは不正をする可能性、または法定通貨を預けている銀行が破綻、ハッキングされる等の危険性があります。

また、注意点としては法定通貨と完全に値段が連動している訳ではないため、仮想通貨全体の急落の影響等により一時的に価格差が大きくなることもあります。

Coinpost関連記事:

仮想通貨 Tether、USDTとは/法定通貨と同価値になるペッグ通貨
時価総額上位の人気仮想通貨であるTether(テザー)の特徴と将来性について、投資初心者にもわかりやすく解説。日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。USDTもTetherの一種で、米ドル(USD)とほぼ同価になるよう調整されています。

USDTの代わりとなる通貨が続々と

様々なTether(テザー)に関する不安要素が見られる一方、今までテザーが独占してきた安定通貨マーケットにおいて、Circle社は先週のConsensus 2018にて、自社開発のCENTREというデジタルウォレットを通じて、法定通貨に裏付けられ、法的に規制される、相互運用性を持つ「US dollar coin」、また安定コインのプロジェクトを開始すると発表しました。

この発表についてCircle社CEOは、USDTテザーの問題を解決する目的も明かしました。

Coinpost関連記事:

Bitmain等から約120億円出資されたCircle社:米ドルと価格が連動する仮想通貨を発表
大手仮想通貨取引所Poloniexの買収や、仮想通貨投資アプリ”Circle Invest”の公開で話題になったCircle社が、Bitmain等から約110億円出資された事、また米ドルとのペッグ通貨「US dollar coin(USD-C)」を発表しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用