仮想通貨Avalanche(AVAX)、アップグレードのテストネットリリースが完了 AVAXは再びATH更新

AP4をテストネットでリリース

暗号資産(仮想通貨)アバランチ(AVAX)は17日、アプリコット・アップグレードの第4フェーズ(AP4)をテストネットでのリリースが完了したことを報告。テストネットでの実装が無事完了した場合、メインネットのローンチ時期を発表する。

アバランチのノードを運用している場合、ソフトウェアをAvalancheGoをv.1.6.0以降にアップデートする必要がある。なお、メインネットのノード運用者は正式な最終コードがリリースされるまで、変更を行う必要はないという。

アバランチ(Avalanche)はAVA Labsが開発した次世代型の高速ブロックチェーン。2020年9月に正式ローンチを果たしており、dApps(分散型アプリ)に特化したスマートコントラクト・プラットフォームを提供している。

また、アバランチはブリッジ機能を持っており、SushiSwapやCurve、AaveなどのDeFiプラットフォームにも採用されているマルチチェーン対応可能なネットワークだ。

特筆すべきは、一般的なブロックチェーンプロジェクトと違い、用途に分けた複数のチェーンを有している点だ。主なブロックチェーンは以下の通り。

  • エクスチェンジチェーン(Xチェーン)
  • プラットフォームチェーン(Pチェーン)
  • コントラクトチェーン(Cチェーン)

AP4の詳細

新アップグレードでは、新たなコンセンサスエンジンの『Snowman++』が導入される。これにより、取引の承認時間の短縮とMEVの抑制が見込まれる。

現在、Avalanche上ではどのノードも手数料を支払うトランザクションを含んでいれば、ブロックを作成できるが、一度のブロック高時点で承認されるブロックは一つのみで、他の全てのブロックは拒否している。ただ、多数のブロックをSnowmanが選別するため、競合(Contention)が少ないほど取引時間が短くなりやすい。

MEV(Miner/Maximal Extractable Value)とは

ブロック内取引から抽出できる価値。ブロック内で再注文を行うことで、アービトラージが発生する。取引の順序が変更し、想定より多くの取引手数料が生じるなどのデメリットがある。

▶️仮想通貨用語集

Snowman++は既存のSnowmanのオーバーレイとして導入され、ブロックの認証に必要なバリデータの人数を無作為に増大することで、一つのノードが大量にブロックを作成する状況を防ぐ。Ava Labsのエンジニアが調査したところ、Snowmanと比較してブロック同士の競合が減るため、結果的にブロックの承認時間の削減が期待されるという。

また、Cチェーン上でのガス代(取引手数料)の上限と下限が以下の通りに変化。利用状況に応じて、ガス代が変化しやすくなる。

アップグレード前:75〜225Gwei

アップグレード後:25~1,000Gwei

さらに、通常より早く処理されたブロックについては追加のブロック費用が発生。より多くのブロックが早く発行された場合、ネットワークへの負荷が増加するため、MEVの抽出を図るボット(bot)などへの対策となる。アバランチのエンジニアであるPatrick O’Grady氏は99%のユーザーがこの変化の影響を受けることはないと説明した。

新たな資金調達

また、アバランチの開発を手がけるアバランチ財団は16日、多数の機関投資家などから250億円(2.3億ドル)の資金調達を報告。シンガポールの大手VC Three Arrows CapitalとPolychainなどの出資を受けたことで、「DeFiエコシステム、NFT、コレクタブルズ、新規イノベーションなどの分野の成長を促進する経費」にする。

資金調達やプロジェクトの進捗状況などを受け、AVAX価格は17日、過去最高値(ATH)を再び更新。68ドル(約7,500円)に到達した。

出典:CoinMarketCap

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します