米裁判所、仮想通貨ヘッジファンド創設者に7年以上の懲役判決 

投資家の資金を悪用

米ニューヨーク南部地区の裁判所は15日、投資家より資金を詐取したとして、暗号資産(仮想通貨)ヘッジファンドの創設者に懲役7年半の判決を下したことを発表した。

Stefan Qin被告(24歳)は、ニューヨークを拠点として「Virgil Sigma Fund」と「VQR Multistrategy Fund」を運営していた。裁判所によると、被告は不正な資金流用により投資家に5,400万ドル(約59億円)以上の損害を与えたという。

昨年12月、Qin被告は米証券取引委員会(SEC)から提訴され、2月に証券詐欺の罪を認めていた。この際には最大20年の懲役刑が見込まれていたが、実際の判決は懲役7年半となった形だ。その他、3年間にわたる監視下での保釈と、約5,500万ドル(約60億円)の財産没収も命じられている。

詐欺の経緯

一連の詐欺行為は、2017年から2020年までの3年間に行われていたもの。

Virgil Sigmaは、仮想通貨市場でアービトラージ(裁定取引)を行って利益を得る戦略を取っていると称していた。Qin被告はこの手法について、「仮想通貨価格の上下変動リスクにさらされないため、比較的安全な投資である」と宣伝していた形だ。

アービトラージとは

裁定取引のこと。他の仮想通過取引所(主に海外)との価格差額を利用した売買を行うことで、利ざやを稼ぐ、通貨の転売のようなもの。

▶️仮想通貨用語集

Qin被告は定期的に、Virgil Sigmaの投資家とコミュニケーションを取り、当ファンドの成長と成功をアピールしていた。2018年2月には、ファンドが米ウォール・ストリート・ジャーナルで紹介されたこともある。

しかし裁判所によると、Qin被告は、ファンドの資金をアービトラージ取引戦略に投資せず、投資家資金を横領。以下のような目的に充てていた。

  1. 食費、家賃など被告の個人的な支出
  2. 不動産など仮想通貨と関係ない個人的な投資
  3. ICOなど、アービトラージ戦略とは関係ない仮想通貨関連の投資

こうした不正行為の結果、Qin被告はVirgil Sigmaに集まっていた投資家資金のほぼすべてを使い果たした。被告は、偽の口座明細書や税務書類などにより、投資資金の価値や保管状況などについて、投資家に虚偽の定期報告を行っていたという。

さらに、Qin被告は、Virgil Sigmaの投資家へ資金を償還するために、経営するもう1つのファンドVQRから資産を不正に流用しようとした。そのために、2020年12月頃、VQRのヘッドトレーダーに対してVQRのすべての取引ポジションを清算するよう要求している。

現在、Virgil SigmaとVQRはいずれも営業を停止。裁判所が任命した管財人が、清算および資産の分配について処理しているところだという。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します