米大手映画チェーンAMCのCEO、DOGECOIN決済も検討

DOGE決済についてコミュニティに聞く

米大手映画館チェーン企業AMCエンターテインメント社のAdam Aron CEOは22日、オンライン決済手段について、DOGECOIN(ドージコイン)も暗号資産(仮想通貨)決済のオプションに入れるべきか、Twitter投票を実施している。

執筆時、「もちろん」という選択肢は74.4%の票数(全体:64,974票)を占めている。

Aron CEOは先週、ビットコイン(BTC)のほか、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)にも年内に対応予定があることを発表した。8月の決算説明会では、ビットコインの対応を発表したが、より多くの対応銘柄を増やす意向を示している。

関連AMC、ビットコイン以外の仮想通貨決済も可能にする方針

米国のエンターテイメント業ではビットコインのほか、ドージコイン決済にも人気だ。ドージコイン自体がミームコインであり、エンターテイメントに向いているとされる。一例として、NBAチーム『マーベリックス』は今年の3月よりチケットやグッズの支払いでBTCやETHのほか、ドージコインも受付しており、4月ではドージコインによる売り上げが5倍となったことがある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します