仮想通貨取引所ディーカレット、クアンタム(QTUM)を29日上場へ

クアンタム上場へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ディーカレットは24日、クアンタム(QTUM)を29日より取り扱い開始することを発表した。

また、クアンタムの取扱い開始を記念し、ディーカレット公式Twitterにてカウントダウンキャンペーンを開催する。

関連:仮想通貨初心者におすすめ|ディーカレットの特徴や注意点について解説

クアンタムとは

クアンタムの取り扱い開始日時は29日の13時頃を予定しており、取引所(板取引)での現物取引での取り扱いとなる。

ディーカレットは現状、以下の6銘柄を取り扱っており、29日よりこれにクアンタムが加わる形だ。

Qtumは、シンガポールのQtum財団が開発し、2016年12月に公開されたオープンソースブロックチェーンプロジェクト。

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の長所を併せ持ち、かつブロックチェーンプラットフォームで問題視されていた課題を解決しようと設計されている。ビットコインなどで使われるUTXO(Unspent Transaction Output)と、イーサリアムに代表されるスマートコントラクト機能を備える。

UTXO基盤のブロックチェーンはスマートコントラクトと親和性が低いと言われているが、Qtumは独自の技術で2つを両立させている。

クアンタムは4月30日にメインネットハードフォーク「Fast Lane」を実施。6月には100万ブロックを完成させ、安定したブロックチェーンプロジェクトであることが示されている。

関連:仮想通貨クアンタムとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説

ディーカレットは「デジタル通貨のメインバンク」を目指して2018年1月に設立された仮想通貨取引所。

各種手数料の低さや狭いスプレッドに定評があり、国内取引所では初めてオントロジーを上場させたことで知られる。2021年にはマイニングマシンの販売・運用サービス、取引所サービス(板取引)を開始した。

また、専用アプリには独自の機能が実装されており、保有する仮想通貨を電子マネーにチャージするができる。

関連:仮想通貨で電子マネーチャージ ディーカレットが新機能を公開|auWALLET・楽天Edyなどに対応

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します