仮想通貨で電子マネーチャージ ディーカレットが新機能を公開|auWALLET・楽天Edyなどに対応

ディーカレットが仮想通貨の「電子マネーチャージ」サービス
仮想通貨取引所を運営するディーカレットが、仮想通貨の「電子マネーチャージ」サービスを本日21日より開始する。対象ブランドはauWALLET、楽天Edy、nanacoギフト。

ディーカレットが仮想通貨の「電子マネーチャージ」サービス

仮想通貨取引所を運営するディーカレットが、仮想通貨の「電子マネーチャージ」サービスを本日21日より開始する。

立ち上げ当初から掲げていた「投機目的とは異なる仮想通貨を中心とした取引以外のサービス展開」の第一弾として発表した。

DeCurretのアプリから対象ブランドを選び、チャージ額を入力するだけで、保有する仮想通貨を電子マネーにチャージすることができるようになる。現在の対象ブランドにはauWALLET、楽天Edy、nanacoギフトがあり、今後も対象ブランドの拡大を図るという。

仮想通貨の電子マネーチャージは、単一通貨に限らず、複数の通貨を組み合わせてチャージできるなど、利便性や将来的な多様性も見込んだ仕組みを取り入れている。

ディーカレットのパートナー企業のKDDIとビックカメラの担当者が、メディア向け説明会で登壇。ディーカレットの仮想通貨チャージの利点を明かした。

KDDI株式会社 ライフデザイン事業本部金融決済ビジネス推進部長の長野氏は、非常に簡単に利用できると期待感を示した上で、電子マネーチャージを挟むことで、auWALLETが実施する「三太郎の日」で支払うことで最大20%のauWALLETポイントがもらえるサービスなどの恩恵を受けられることも、利点にあるようだ。

株式会社ビックカメラ 取締役執行役員の中川氏は、支払い方法の充実を図ってきた中で、仮想通貨の店頭決済を行えたが、対応通貨が限られていたため、ディーカレットの仮想通貨の電子マネーチャージによって、多種類の仮想通貨がアプリケーション上でチャージできるようになると言及した。お客様の利便性が向上するとみているという。

仮想通貨チャージのプロセス

仮想通貨へのチャージは、ディーカレットのウォレットに保管されている仮想通貨を法定通貨に交換することで、電子マネーにチャージする仕組みで、電子マネーチャージ/交換申請を行った時点の所定レートで法定通貨(円)に換算の上、ご指定の電子マネーブランドにチャージされる。

プロセスもauウォレットの場合4ステップと簡易的で、アプリ上から利用する電子マネーを選択し、チャージする金額を選択、金額と交換する仮想通貨を確認して申請するだけで、チャージが完了する。

auWALLETの場合

取扱い銘柄

  • BTC
  • BCH
  • XRP
  • LTC
  • ETH

上記5通貨は、現物、レバレッジ取引、仮想通貨の電子マネーチャージの機能で対応が可能になる。

新たにイーサリアムを対応通貨に追加、レバレッジ取引は本日開始された新たな取引機能として提供する。

レバレッジ取引も開始

仮想通貨取引所ディーカレットで、新たに開始されるレバレッジ取引では、ワンクリックで発注できるスピード注文に対応するほか、投資家の視覚にあわせて選択できるナイトモードの機能も実装する。外国証拠金取引(FX)のシステムをベースに仮想通貨対応をしているため、大容量の処理が可能になるという。

レバレッジは最大4倍、上述する5通貨の取引を提供する。

今後の予定

株式会社ディーカレット 代表取締役社長 時田 一広氏は、今期は仮想通貨でできることを一通り提供していくことを計画していることをメディア向けの説明会で明かした。現時点で明かされた実装予定機能は以下の通りだ。

年内:レバレッジ取引のアプリ提供

冬ごろ:電子マネーに続いてポイントとの交換

年明け:新しい新投資商品、API提供

このほかにも細かい機能の追加も多く実装していくという。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら