集英社、NFT関連事業で『ONE PIECE』活版印刷作品を販売

『ONE PIECE』活版印刷作品

国内最大手の出版社の集英社は25日、マンガアート販売事業「集英社マンガアートヘリテージ」にて、尾田栄一郎氏の代表作『ONE PIECE』の連載1,000話・コミックス100巻発売を記念し、活版印刷作品「The Press」10点の販売を開始すると発表した。

抽選販売申込受付期間は、2021年9月25日(土)~10月3日(日)。

集英社マンガアートヘリテージとは、集英社が2008年からマンガのカラー原画を高精細でスキャン、撮影し、作品情報とともにアーカイブしてきた資産を「世界に向けて送り出す」ため、抽選販売する試み。来歴を永続的に記録するために、ブロックチェーンとNFT(非代替性トークン)技術を利用している。

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

過去には集英社の代表作である『ONE OIECE』、『イノサン』、『ベルサイユのばら』の作品や、大暮維人氏による「美人画」をテーマにしたカラープリント作品を販売した。

関連:集英社、NFT活用のマンガアート販売事業で新作公開へ

名シーンをセレクト

今回販売される作品では、『ONE PIECE』1話~1,000話のなかから、名シーンをセレクト。現在では希少になった1960年代製のハイデルベルク大型活版印刷機でプリントする。

強い圧力をかけて刷られることで印刷面が凹み、独特の表情を見せるという。用紙にはドイツの製紙会社GMUND社の耐用性に優れた、コットン100%のファインペーパー「グムンド・コットン マックスホワイト」が使用されているという。

1,000話の最終見開きを作品化したプリントには、この話が掲載された「週刊少年ジャンプ」を実際に印刷した樹脂板がセットになっている。

「The Press」の見本を見たGMUND社のシニア・マーケティング&ディベロップメント・マネージャー、マクシミリアン・フーバー氏は、次のようなコメントを寄せた。

マンガは本来、毎週のように消費されていく性質のものであると理解している。

しかしマンガの粋を集めて作られたこのマンガアートは、より長期的で本質的な要素を備えている。さらにはマンガとの新たな関係性をも示唆している。(後略)

マンガアートヘリテージでは、スタートバーン社のブロックチェーンNFT証明書発行サービスが採用されている。販売されるマンガアート作品に、ブロックチェーン証明書「Cert.」が発行されることで、作家や版元情報をはじめ、二次流通市場における来歴も永続的に記録され続けるという。

関連:アート×ブロックチェーン スタートバーン、ICチップ連動型の証明書発行サービスをローンチ

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します