CFTC、米クラーケンに1.4億円の罰金 未登録の証拠金取引提供で

商品取引法違反

米商品先物取引委員会(CFTC)は28日、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が商品取引法に違反したとして、125万ドル(約1億4,000万円)の罰金を科した。

CFTCの声明によると、クラーケンは先物取引業者(FCM)として規制当局に登録することなく、ビットコイン(BTC)を含むデジタル資産の証拠金取引を米国の顧客に提供していたという。米国で先物商品の上場・取引を行う事業者はFCMとして登録する義務があり、また、先物商品の提供には指定契約市場(DCM)ライセンスを取得する義務が課せられている。

CFTCは、2020年6月から2021年7月にかけて、クラーケンがFCM登録もしくはDCMライセンスを取得せずに、要件を満たしていない米国の一般顧客に対し、デジタル資産の証拠金取引サービスを提供したと指摘。クラーケンの行為は、(1)商品取引法で禁止されている小売商品取引の提供、及び(2)未登録のFCMとしての活動、にあたると認定した。CFTCは和解の条件として、クラーケンに30日以内に125万ドルの罰金支払いと、違反行為の停止を求めている。

指定契約市場(DCM)とは

指定契約市場として認定された取引所は、先物商品とオプション商品を自主認定する権限を持つ。例として、以前CMEとCboeがビットコイン先物を開始する際も自主認定を利用し、サービス開始直前にCFTCに商品の申請を行なっている。(事前申請が必要ない)

もちろん自主認定にも制限があり、CFTCのルール・商品取引法を違反してはいけないが、指定契約市場にはその権限が付与されているため、新たなコントラクトの追加ハードルが低く、CFTCに認定される可能性が高いという。

▶️仮想通貨用語集

CFTC委員が同意を表明

CFTCのDawn Stump委員は同日、クラーケンに対する和解命令に関する同意声明を発表した。

Stump委員は、CFTCの判断は2020年に公布された最終解釈ガイダンスに基づいており、同ガイダンスには特定のデジタル資産を含む小売商品取引が含まれるとした。

しかし、そのような小売商品取引がDCMで扱われるべきであることに関しては明確である一方、どのように規制すべきかには、当局は言及してこなかったとStump氏は指摘した。また、クラーケンがFCMとして登録されていたとしても、当該取引がDCMで行われなかった場合は、違法となることにも言及。「一つの企業がDCMとFCMの両方に登録することは前例がない」と述べ、現在の規制の枠組みが、クラーケンの役割には適合していないとの考えを示した。

小売商品取引が行われる取引所に対し、CFTCのFCM規則を適用するのは、現時点では未知の領域だ。

Stump氏は、クラーケンが未登録のままFCMとして運営していた事実は認めるが、「従来の適用を超え、定義を広大解釈したものだ」と付け加えた。さらに、CFTCが規制当局としてFCM登録業者の法的要件を明確にするとともに、どのように規制を適用するかについて説明する義務があると強調した。

クラーケンの声明

今回の措置に対し、クラーケンは声明で今年6月、CFTCに証拠金取引ガイダンスの明確化を求めていたことを明らかにした。実際、クラーケンは同月9日、規制ガイダンスを考慮し証拠金取引のルール変更を発表。顧客が証拠金取引を行う際の基準の一部を厳格化する対応をとっていた。

関連:仮想通貨取引所クラーケン、証拠金取引のルールを厳格化

Stump委員が同意声明の中で指摘しているように、今回の強制措置は、個人投資家に証拠金スポット商品を提供するための明確な道筋がない中で行われたものだ。その道筋が(示されることで)米国のデジタル資産業界と投資家全体に利益をもたらすと信じている。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します