NFTが変える広告ビジネスの未来【CONNECTV・動画解説】

動画コンテンツ紹介

CoinPostを含む仮想通貨系メディア3社は、NFT化された広告枠はNFTマーケットプレイス「Kaleido」を活用して、各メディアのデジタル広告枠をNFTとして販売する実証実験を開始することを発表した。

今回のCONNECTVでは、Kaleidoを中心となって開発を行ったBridges, Inc.の代表 小池駿平氏をゲストとしてお招きして、CoinPost代表 各務貴仁とともに、広告枠をNFT化するという活用事例について動画で分かりやすく解説をし、NFTの魅力をお届けする。

動画の視聴はこちら

Kaleido

KaleidoはNFT化された広告枠の出品・入稿・審査・売買を行うためのNFTマーケットプレイスです。今回の実証実験に向けて、Bridgesが中心となりβ版が開発されました。Kaleido上の広告枠取引における金銭のやり取りはすべてスマートコントラクト上で行われ、メディアの審査が完了した広告内容が自動的に設定された枠に表示される仕組みになっています。

詳細リンク

about.kaleidodao.org/

広告枠販売サイト

kaleidodao.org

Twitterリンク

twitter.com/kaleido_dao

Discordリンク

discord.gg/YfuKpNeFJS

CONNECTV

仮想通貨(暗号資産)メディアCoinPostと、幻冬舎「あたらしい経済」の2社で、仮想通貨・ブロックチェーン業界の注目ニュースや初心者向けの学べるコンテンツを解説するYouTubeチャンネル「#CONNECTV」。記事でわからないトピックを動画で毎日解説する内容をお届けしている。

国内大手仮想通貨・ブロックチェーンメディアだからこそ可能な有益な情報を配信予定。今後は、国内外のさまざまなビジネスジャンルのキーパーソンと、仮想通貨・ブロックチェーン業界のキーパーソンがコラボレーションできる「場」の創出を目指している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します