Orchidの仮想通貨OXT、米銀行で取り扱い開始

連邦政府公認の銀行としては初

分散型VPNサービスを提供するオーキッド(Orchid)は日本時間10月1日、独自に発行する仮想通貨「OXT」が、アメリカの地方銀行Vast Bankで取り扱いが始まったことを発表した。

Vast Bankの新サービス「Crypto Banking(クリプト・バンキング)」では、オーキッドのOXTに加え、ビットコイン、イーサリアム、カルダノ、ファイルコイン、ライトコイン、アルゴランド、およびビットコインキャッシュといった全8銘柄の売買や保管を、Vast Bankの口座だけで行うことができる。

Vast Bankとは

出典:Vast.bank

Vast Bankは、1982年に米国オクラホマ州タルサで設立された地域密着型の銀行だ。

新たにサービス提供が始まったCrypto Bankingのなかで、OXTトークンは連邦預金保険機構(FDIC)で保証された当座預金口座保有者によって、直接購入できるデジタル資産の1つとして選ばれている。

当座預金を利用してデジタル資産の売買や保管を行うことができる初の連邦政府公認銀行として、米国政府に先日承認されていた。

関連:銀行のビットコイン取引サービス、米国で年内にも実現か=CNBC

関連:米ネブラスカ州、銀行の仮想通貨取り扱い認める法案を可決

関係者コメント

Vast BankのCIO(最高情報責任者)、スティーブン・テイラー(Stephen Taylor)氏は次のようにコメントした。

当行は常にお客様の声に耳を傾けていますが、ここ数年、お客様とのやりとりの中で最も頻繁に取り上げられた話題の一つが仮想通貨でした。

お客様からは、銀行口座を使ったデジタル資産の購入をご要望されていました。これが、当行のCrypto Bankingサービス開発の原動力となりました。

当行のお客様がこのような革新的な方法でOXT資産にアクセスし、管理できるようになることを嬉しく思います。

   

また、オーキッドの共同創業者兼CEOであるスティーブン・ウォーターハウス(Steven Waterhouse)博士は、こう述べている。

我々はOXTが、米国連邦政府公認の銀行が提供する最初のデジタル資産の一つであることを誇りに思います。

OXTは、オンラインプライバシーをあらゆる人々が利用できるようにするというオーキッドのミッションの重要な要素であり、Vast BankがOXTの提供を決定したことで、より多くの人々にアクセスが拡大することを期待しています。

    

OXTトークンについて

オーキッドの独自仮想通貨であるOXTは、分散型VPNサービスに特化したオーキッドのプラットフォームで、経済的インセンティブとして機能するERC-20規格に準拠したトークンだ。

VPNとは

VPNは「Virtual Private Network」の略。インターネット上に構築された仮想の専用線を指し、特定の人のみが利用できるネットワークのこと。安全なルートを確保した上で、重要な情報をやりとりできるメリットがある。

仮想通貨用語集

オーキッドユーザーはプロバイダーに対し、分散型VPNサービス利用料をOXTで支払うことができる。またオーキッドでは、少額決済およびピアツーピアのトランザクションが可能であるというトークンの性質を応用した、「確率的ナノペイメント」と呼ばれる独自の決済システムが採用されている。

OXTトークンは9月14日に、香港の大手仮想通貨取引所KuCoinに上場されたと発表ばかりだった。

関連:オーキッドの仮想通貨OXT、海外取引所KuCoinに上場

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します