米コインベース、仮想通貨2銘柄を新規取扱い

2銘柄が新規上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProは14日、2銘柄の新規上場を発表した。

新たに取り扱う対象は、DeFiやNFT市場で注目度の高いBadgerDAO(BADGER)、Rarible(RARI)の2銘柄だ。まずは入金を開始し、翌日(10月14日(木)午前9時:PT)に流動性の条件が確保できて入れば取引を開始する。

取引ペアは、BADGER-USD、BADGER-USDT、BADGER-EUR、RARI-USD、RARI-USDT、RARI-EURとなる予定だ。

銘柄の概要

BadgerDAO(BADGER)は、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)など他ブロックチェーン基盤の分散型金融(DeFi)エコシステムに取り込むことを目的としたDAOプロジェクトで、トークンはイーサリアム基盤で発行され、ガバナンストークンとして機能する。

Rarible(RARI)は、NFTのマーケットプレイスとして台頭するRarible(ラリブル)のガバナンストークン。プラットフォームの機能や手数料に関する提案など、様々な方針策定の投票に利用される。

関連:仮想通貨取引所コインベースとは|投資家向け情報と注目ポイント

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します