G7、CBDC(中銀デジタル通貨)の共通原則を発表

CBDCに関する共通原則

日本を含む主要7ヵ国(G7)は13日、財務大臣・中央銀行総裁会議にてCBDC(中銀デジタル通貨)に関する共通原則を発表した。

今回公開された共通原則は、G7をはじめとする各国政府がCBDCを発行する上での公共政策への影響に対する検討事項をリスト化したもの。透明性や法の支配、健全な経済統治など、「G7の共有された価値観を反映」したものと紹介している。

G7とは

Group of 7の略称。日本、米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリアの主要7ヵ国を指す。

▶️仮想通貨用語集

G7主要国は声明にて「CBDCは銀行など、既存金融に危害を及ぼしていけない」とする規定などの基準を定めた。また、金融・財政面での安定性に関する影響を最小限にとどめるため、プライバシーや透明性、データ保護などに関する厳格な基準を打ち立てた。

CBDCを発行する場合、現金との併用する流動性のある決済資産として機能する必要があると指摘。また、国際決済手段としての有用性も評価しつつ、国際的な金融システムへの有害な波及効果を最小限に留める共同の責任を担う必要があるとした。

今後の動き

また、主要7ヵ国は公共政策上の検討事項に関する分析をさらに深めるため、関連する国際機関や中央銀行などと引き続き連携してCBDCの潜在的な影響を分析すると説明。国際金融システムへの影響についても、IMF(国際通貨基金)のさらなる協力を歓迎するとした。

中国のデジタル人民元に対抗すべく各国の中央銀行が開発・実証実験を取り進める中、G7主要国は今回の共通原則を表明した。G7加盟国ではCBDCを発行する国は現状現れていないが、日本銀行や英イングランド銀行は実証実験を進めている途中にある。

関連:日銀、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証実験を開始

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します