コスモス(ATOM)、実験ブロックチェーン「Sagan」立ち上げ

コスモスが最新の進捗状況を報告

ブロックチェーンプラットフォームのコスモス(ATOM)は20日、プロジェクトの進捗状況について最新の報告を行った。特に今回の発表では、実験のための新たなブロックチェーン「Sagan」の立ち上げや、ゲーム企業との提携に注目される。

コスモスは、異なるブロックチェーン同士の相互運用性を実現するプラットフォームで、独自トークンはATOM。スケーラビリティ問題の解決も期待されている。

関連コスモスによってDEXはどう変わるのか【CONNECTV・動画解説】

スケーラビリティー問題とは

取引処理が遅延してしまうような「拡張性」の問題を指す。ブロックチェーンの性質上、1つのブロックの中に書き込める取引データ量が限られていることが原因で、処理が遅延する問題のこと。送金に時間がかかってしまい、それによって取引手数料の高騰につながることがある。

▶️仮想通貨用語集

関連GMOコイン、国内初となるコスモス(ATOM)上場へ

テストチェーン「Sagan」立ち上げへ

Saganの紹介動画では、カナリアという鳥の画像が映し出された。暗号資産(仮想通貨)メディアThe Blockによると、カナリアは、このブロックチェーンが「カナリアネットワーク」になることを象徴しているという。

この言葉は、元々ポルカドット(DOT)による造語だ。メインネットワークで稼働する前にプロトコルのテストを行うためのブロックチェーンKusamaを、ポルカドットは「カナリアネットワーク」と呼んでいる。カナリアは、炭鉱などで毒ガス検知のために使用されていたことで有名な鳥である。

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

これらKusamaやSaganという「カナリアネットワーク」は、通常のブロックチェーンのテストネットとは違う点を有している。テストネット上のトークンは大抵の場合、価値を持っていない「ダミートークン」。このためテストネットは、メインとなるブロックチェーンの技術的な側面は再現しているものの、エコシステムという実際の環境そのものを再現しているわけではない。

一方、カナリアネットワークのトークンは実際の価値(価格)を持っており、より現実の環境に近い形で再現される。そのため、ネットワーク参加者がバグや不正使用などに対する脆弱性を見つけようとする際のインセンティブは高まる格好だ。

ゲーム企業Forteと提携

コスモスはSagan立ち上げの他にも、いくつかの事項を報告した。

まず、ブロックチェーンゲーム会社Forteとの提携を発表。Forteは、仮想通貨やNFTを保管するウォレットなど、ゲーム開発者に必要なブロックチェーンインフラをパッケージで提供している。立ち上げられてまだ一年余りの間に急速に成長しているところだ。

公式発表によると、すでに1,000万個以上のウォレット、500万個以上のNFTを作成。さらに、Forte関連のゲームは800万人以上の月間アクティブユーザーを獲得しているという。

提携により、Forteプラットフォームを利用するゲーム開発者は、自分のゲームをコスモスのネットワークに簡単に統合できるようになる。また、Forteは、ATOMや、その他コスモスに対応する仮想通貨をそのネットワークに追加して、ユーザーの支払いや担保に使用できるようにする。これによって、ATOMトークンの実用性が上昇する見込みだ。

DeFiプラットフォームを一般公開へ

さらにコスモスは、12月にDeFiプラットフォーム「Emeris」を一般用にローンチすることも明かした。Emerisは、様々なDEX(分散型取引所)にアクセス可能、複数のブロックチェーンでステーキングを行うこともできるプラットフォームで、現在はベータ版で公開されている。

関連仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み

ステーキングとは

一定量の暗号資産(仮想通貨)を所定の期間、預け入れることで報酬が得られる仕組みである。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します