CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーンのサービス開発を加速させるIdexoとは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンサービスの開発・運用ハードルを下げるIdexo

Idexoはブロックチェーンの機能を様々なアプリケーションに統合する方法を提供するプロジェクトだ。

Idexoは今年9月、250万ドル(2億8,500万円)の資金調達を実施した。ラウンドにはFloem Capital、BlackDragon、Heat Capital、およびOutlierVenturesが参加している。

Idexoのアプローチ

Idexoによると、サービスにブロックチェーンを組み込む上で障害となるのは、技術的なノウハウやアーキテクチャ、そして複数のウォレット及び資産を管理するという経済的な複雑性だという。

この二つの複雑性を取り除いたサービスを、IdexoはSDKやAPIの提供によって実現する。これによって、ローコードで簡単にブロックチェーンを利用したサービスをクライアントが開発できるようになる。

ホワイトペーパーによると、Idexoは二つの領域に焦点を当てており、それが技術的なハードルと資産管理など経済的・ビジネス的なハードルだ。

技術的なハードルについては、APIの提供によって、アプリケーション側はブロックチェーンについて詳細な知識が無くとも、期待したアウトプットを得ることが出来るようになる。

出典:Idexo

続いて、経済的な課題について、例えば現在、NFTを発行する場合は利用するブロックチェーンの基軸通貨を手に入れる必要がある。イーサリアムであればETH、バイナンス・スマートチェーンであればBNB、ArweaveであればARなどだ。

こういった仮想通貨は価格の変動が激しく、既存のインターネット業界から参入を検討する起業家にとってはビジネスモデルの予測を著しく難しくする。

Idexoでは、コンピュート・クレジットと呼ばれる仕組みを導入することで、トランザクションを全て予測可能な資金量で実行することができる。なお、コンピュート・クレジットは暗号資産やクレジットカードなどで購入できるという。

出典:Idexo

また、APIの体験を望ましいものにするため、SDK(ソフトウェア開発キット)を提供する。SDKにあたって、IdexoはGitbookを用いた参照サイトを用意しており、SDKの利用も容易にしている。

SDKはアマゾンウェブサービス上のIdexoによるAPIへのトランザクションの呼び出しを作成する。Idexoのエンジンがコンピュート・クレジットをチェックし、トランザクションを出し、ユーザーの残高から利用した分を差し引く仕組みを取っている。

出典:Idexo

アドレスの管理方法、スマートコントラクトの所有権については、Idexo側が全面管理するものと、ウォレットはユーザーが保持しIdexoが運用部分を担当するものと、ウォレットを自前で管理・運用する必要があるメタトランザクションの3つを用意している。将来的にさらに別の選択肢も加わる可能性があるとしている。

なお、上記のソリューションについては、現状では中央集権に依存した状況となっているが、Idexoは分散化に向けた取り組みを行っていくとしている。

最初の分散化の取り組みはコンピュート・クレジットをターゲットとして、その後トランザクションインフラストラクチャに取り掛かる予定だ。

今年9月にIdexoは、ツイッターとテレグラムでNFTを作成するためのCDK(コミュニティ開発キット)を発表した。現在、Idexoが連携しているのは、イーサリアム、アバランチ、バイナンス・スマートチェーン、ポリゴン、Arweaveとなっている。

テレグラムやTwitter上のリプライでウォレットアドレスを入れ、「/idoNFT」と打ち込むと、idexoのAPIを利用してNFTを発行できるなど、先進的な取り組みを行なっています。

また、暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、Idexo Token(IDO)の上場を発表した。10月22日より取引が開始されている。

ホワイトペーパー:Idexo

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア