米コインベース、新規4銘柄の取り扱い開始

4銘柄の新規上場

米最大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースProは米時間27日、4銘柄の新規上場を発表した。

対象銘柄はKyrll(KRL)、LCX(LCX)、SUKU(SUKU)とOriginTrail(TRAC)。入金の受付はすでに開始しており、流動性基準を満たせば、日本時間29日午前1時より取引を開始する。

開始予定の取引ペアは以下の通り。

  • Kyrll(KRL)/米ドル(USD)
  • Kyrll(KRL)/テザー(USDT)
  • Kyrll(KRL)/ユーロ(EUR)
  • LCX(LCX)/米ドル(USD)
  • LCX(LCX)/テザー(USDT)
  • LCX(LCX)/ユーロ(EUR)
  • SUKU(SUKU)/米ドル(USD)
  • SUKU(SUKU)/テザー(USDT)
  • SUKU(SUKU)/ユーロ(EUR)
  • OriginTrail(TRAC)/米ドル(USD)
  • OriginTrail(TRAC)/テザー(USDT)
  • OriginTrail(TRAC)/ユーロ(EUR)

なお、今回の4銘柄は全てイーサリアムトークンという共通点を持つ。

銘柄情報

Kryllは自動取引プラットフォームで、KRLはプラットフォーム内で利用するトークンとなっている。

LCXはセキュリティートークンに特化した取引所で、LCXは手数料の支払いなどに利用できる。

SUKUはサプライチェーンの透明性向上を目指すブロックチェーン・プラットフォーム。SUKUトークンは同システムのガバナンストークンで、DeFi(分散型金融)レンディングやNFTマーケットプレイスの提供も開発中だ。

OriginTrailはデータ収集プラットフォームで、「分散型・ナレッジグラフ」と称している。サプライチェーンのトラッキングやアート、修了書や事業登録書などの証明を行う。TRACトークンはデータ処理やネットワーク上での管理費の支払いに利用する。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します