Enjin、第2回NFT Awardsの日程を発表 メタバース上で開催

一般ノミネーションも募集

ブロックチェーンとNFTを用いたゲームエコシステムを構築するEnjin(エンジン)は10月28日、昨年に引き続き、第2回目となるNFT Awardsの開催を発表した。

開催の発表に際し、一般ノミネーションの募集も特設サイト「nftawards.org」にて日本時間28日午後10時から開始、11月26日まで受け付けている。誰でも自分自身のNFT作品をサイトにアップロードしてノミネートしたり、好きなアーティストの作品に投票したりすることができる。

授賞式では、アート部門やゲーム部門、最優秀プロジェクトといった10のカテゴリーの中から、審査員がそれぞれの最優秀賞をノミネートされた作品から選定する方式となる。

なお20年12月に行われた第1回NFT Awardsでは、Micah Johnson氏の『ˈsä-v(ə-)rən-tē』が「NFT of the Year」を受賞している。

仮想空間Decentralandでの開催

今回のNFT Awards授賞式は、去年のTwitchおよびYouTubeでのライブ配信とは趣向を変え、「Decentraland(ディセントラランド)」で22年1月12日に開催されることとなっている。

Decentralandとは、イーサリアムのスマートコントラクトを利用して構築された3D仮想現実空間のメタバース・プラットフォームのひとつ。

これまでにもDecentralandでは、音楽・ファッションなどのエンタメ系のイベントや、スペースX宇宙船の打ち上げ中継、またNFTアート分野ではバーチャルギャラリーなども行われている。

メタバースとは

メタバース(Metaverse)とは、インターネット上に構築された、多人数参加型の3次元仮想現実世界のこと。

仮想通貨用語集

関連:次世代の仮想空間サービス「メタバース」とは|ブロックチェーンとの関係も解説

関連:サザビーズがDecentralandと提携、ロンドンのギャラリーをバーチャル再現

関係者によるコメント

Enjinの共同設立者兼CTOであり、NFT Awards審査員も務めるWitek Radomski(ウィテック・ラドムスキー)氏はこうコメントしている。

我々は、この業界の革新性を称えるためにNFT Awardsを設立し、今回メタバースにおける素晴らしい進歩を表彰することを楽しみにしています。

今年はNFT分野における素晴らしい年となりました。今回のコミュニティ主導によるイベントでは、世界中の影響力あるNFTプロジェクトを取り上げ、その功績を称えようと思います。クリエイターやコレクターの皆様には、ぜひお気に入りのプロジェクトをご応募いただきたいと思います。

    

また、昨年度の「NFT of the Year」受賞者であり、今回は審査員として参加するMicah Johnson氏はこのようにコメントしている。

去年この賞を受賞するまでは、私は地元のバーなどで作品を持ち込み販売しており、一つも売れずに雨のなか持ち帰った苦い記憶もあります。NFTは、私を信じてくれたコレクターの方々のサポートのおかげで、私にメッセージを広める力を与えてくれました。

    

今回の表彰イベントには、NFTクリエイターやゲーム開発者、主要な仮想通貨プロジェクトおよびメタバースプロジェクトなど、仮想通貨領域における広い分野のメンバーが参加することとなっている。

Enjinのパートナーとしては仮想通貨価格・市場データを提供するCoinMarketCap、大手仮想通貨取引所のCrypto.com、メタバースプラットフォームのDecentraland、NFTマーケットプレイスのRarible、米テックメディアVentureBeat、ブロックチェーンゲーム推進組織Blockchain Game Allianceなどが協賛している。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します