仮想通貨取引所AscendEX、ブロックチェーンサービスの開発環境を提供するIdexoを上場

AscendEXがIdexo(IDO)を上場

暗号資産(仮想通貨)取引所のAscendEXは、Idexo(IDO)の上場を発表した。取引ペアはIDO/USDTで、取引所にて21日よりトレード可能となっている。

Idexoはブロックチェーンを利用したサービス・機能の実装を容易にするツールをプロジェクトの開発者等に提供する。

また、サービスの支払いモデルとしてコンピュート・クレジットを導入しており、チェーンをまたぐ暗号資産の管理の煩わしさなどを低減したシンプルな支払い方法を提供する。

関連:ブロックチェーンのサービス開発を加速させるIdexoとは

IDOトークンはインセンティブメカニズムとして、コミュニティの活性化などに利用されるほか、新たにステーキングなどにも使用可能となった。

ステーキングとは

ステーキングとは、一定量の暗号資産(仮想通貨)を預け入れネットワークに参加することで報酬が得られる仕組みである。

▶️仮想通貨用語集

現在、ステーキングは2種類が用意されており、通常のステーキングではサービスの収益で構成されるプールから配分を受け取ることができる。

一方、「指向性ステーキング」では、特定のプロダクトや意思決定に紐づいたコントラクトにステークすることで、そのプロダクトや意思決定による成功によってより高い報酬を得ることができる。

指向性ステーキングは通常のステーキングに比べリスクは高いものの、コミュニティが成長中のプロジェクトを支援することへのインセンティブになるとしている。

そのほかにも、コミュニティの活動に対するインセンティブとして、トークンを利用していく計画だ。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します