学生に仮想通貨教育 米NY新市長が関心示す 決済導入も「慎重に検討」へ

「学校で仮想通貨について教育」

ビットコイン(BTC)での給与支払いに関心を示した米ニューヨーク市のEric Adams新市長は7日、学校での暗号資産(仮想通貨)の教育に関心を示した。企業の仮想通貨決済導入についても慎重に検討していくと述べている。

Eric Adamsは民主党所属の次期ニューヨーク市長。以前からビットコインをはじめとする仮想通貨やブロックチェーン技術について肯定的だったが、先週5日にはマイアミのFrancis Suarez市長に続く形で、最初の給与(3ヶ月分)をビットコインで受け取ると宣言している。

関連:次期ニューヨーク市長、給与のビットコイン受け取りを宣言 マイアミ市長に続く

週末にかけて米ニュース番組CNNに出演したAdams氏は市内の仮想通貨決済導入についても以下のようにコメントした。

慎重に検討していきたい。ニューヨークはイノベーションの中心地であるという合図を送りたいと思う。

仮想通貨を説明するのは専門家にとっても難儀だが、グローバルな新たな支払い手段と捉えている。今後は学校システムでもこのような新たな技術、決済に対する新たな考え方についても教育していくべきだと思う。

市長の仮想通貨給与は利益相反?

また、Adams氏が給与支払いをビットコインで受け取ることは利益相反に該当するのではないかという疑念に対しても反応。CNN側はオバマ政権で主席エコノミストなどを歴任したハーバード大学のJason Furman教授は以下のように懸念を示した。

(市長のビットコイン給与支払いは)ニューヨーク市にとって経済的に悪い戦略であるだけではなく、悪い投資判断、そして利益相反としても捉えられる。

市長がアマゾン株の購入を宣言し、アマゾン社に優位な政策を進めるのと同じ行為だ。

このような反対派の意見に対し、Adams次期市長は「どのような技術だったとしても、ニューヨーク市がイノベーションの街であることを保証したい」とコメント。恐れず、どの分野でも前進していくことが人間の精神の真髄であると語った。

また、過去には株式市場の下落などの影響で自身の退職金口座で数千ドル分の損失が受け取った経験を引き合いに、投資にはボラティリティが付き物であるとしている。

現在、米国では連邦政府レベルでの政策は確定していないため、州政府・自治体レベルでの仮想通貨政策が推進する地域が少なくない。ビットコインでの給与支払いに白羽の矢を立てたのは米南部フロリダ州のマイアミ市のFrancis Suarez市長。21年1月頃から仮想通貨での給与支払いに関心を示していた。

関連:米マイアミ市長、市の財務資産にビットコインを組み入れる構想

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します