米FBI、ビットコインATMを悪用した振り込め詐欺に警鐘鳴らす

仮想通貨振り込め詐欺に警戒呼びかけ

米連邦捜査局(FBI)は4日、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)のATMとQRコードを使用した振り込め詐欺が増えているとして、注意喚起した。

ビットコインATMとは

一般的な現金自動預け払い機(ATM)と同様の感覚で、現金やデビットカードなどで仮想通貨を購入したり、仮想通貨を現金に変換して引き出すことができるデバイス。

▶️仮想通貨用語集

詐欺の手口と予防策

ビットコインATMでは、QRコードを利用することで、受取人の欄が自動入力され、仮想通貨を簡単に正しい宛先に送ることができる。FBIは「QRコード決済は、多くの企業が合法的取引に採用するようになっているが、ここ最近は詐欺利用が目立ち始めた」と指摘。

詐欺師の手口は、被害者を誘導してATMで仮想通貨を購入させ、その資金をQRコードの自動入力機能を使って詐欺師のウォレットアドレスに送金させるという。FBIによると、多くの事例で、詐欺師は被害者とオンラインで連絡を取り続け、決済が完了するまで指示を出していた。

支払いが行われると、詐欺師はその仮想通貨を、即座に海外のアカウントに送金することが多い。FBIは、決済まで数日かかる従来の海外送金と異なり、仮想通貨が即座に送金されることも挙げて、当局による資金の回収が困難になると警戒を呼び掛けている。

こうした詐欺には、以下のように様々な種類があり、いずれも被害者を誘導して資金を振り込ませるものだという。

  • 政府、電力会社などになりすます詐欺
  • 恋愛関係を装って被害者に近づく詐欺
  • 被害者が宝くじに当選したと偽り、偽の受け取り手数料などを支払わせる詐欺

FBIは、消費者に次のような対策を呼び掛けている。

  • オンラインでしか接触のない人に送金しない
  • 口座を持つ金融機関や公的機関から個人情報や送金を要求されても、まず本物か確かめる
  • 匿名性を標榜する、規制対象外の仮想通貨ATMは使用しない

オハイオ州で事例が多発

ビットコインATMを用いた振り込め詐欺は、5月にもオハイオ州で多発しているとして注意喚起が行われていた。犯罪者が、息子を装って、ある夫婦に送金させようとした例もあり、日本の振り込め詐欺とも手口が類似している。

関連米オハイオでビットコイン振り込め詐欺多発、FBIも対策に乗り出す

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します