夕刊CoinPost|5月30日の重要ニュースと仮想通貨情報

夕刊CoinPost
学校や会社帰りにまとめて読めるイブニングニュース(仮想通貨の投資情報)をコインポストで定期配信。仮想通貨市場に大きく影響するニュース速報など、投資の参考情報として是非どうぞ。

CoinPost重要ニュース3選

まずは、CoinPost記事のニュースから。

韓国:ICO合法案が提出される|Bithumbやカカオトークの韓国国内ICOへの期待

5月29日に韓国にて、国会が正式に国内ICO合法化の提案を行ったことが明らかになった。

Bithumbや、Kakaoなどの韓国企業は、独自トークンの発行を計画しているが、韓国国内では実施できないため、国外でのICOを検討しており、その内容を記載している。

韓国:ICO合法案が提出される|Bithumbやカカオトークの韓国国内ICOへの期待
5月29日に韓国にて、国会が正式に国内ICO合法化の提案を行ったことが明らかにされました。Bithumbや、Kakaoなどの韓国企業は、独自トークンの発行を計画していますが、韓国国内ICO

マカフィーが仰天計画:独自仮想通貨(紙幣)発行を検討

仮想通貨市場で有名な「ジョン・マカフィー」氏は5月29日、仮想通貨に裏付けられた独自紙幣「マカフィーコイン」を発表。現実世界で使用できる紙幣であるという、耳を疑うような発表を行った。

USDTなどのドル建てによるステーブル通貨とは逆に、仮想通貨建ての「法定通貨」とのことで、その詳細が記載されている。

McAfee氏の仰天計画:仮想通貨が価値を裏付ける独自法定通貨の発行検討
仮想通貨市場への影響力で度々話題になっている「ジョン・マカフィー」氏は5月29日、仮想通貨に裏付けられた独自紙幣「マカフィーコイン」が、26日以内にデビューすると電撃発表を行いました。

イタリア財政危機|政情不安からビットコインなど仮想通貨全体の価格高騰か

イタリアの政局混乱からユーロやイタリア国債を売る動きが強まっている中、5月29日から30日にかけてビットコインの買いが増し、価格は急激な上昇。

法定通貨のような中央銀行を持たない分散型の仮想通貨の強みが購入の引き金になった。

イタリア財政危機|政局不安からビットコイン買いが増し仮想通貨全体の価格高騰か
イタリアの政局混乱からユーロやイタリア国債を売る動きが強まっている中、5月29〜30日にビットコインの買いが増し、価格は急激な上昇を見せました。法定通貨の価格が不安定になるとビットコインが買われる「有事のビットコイン買い」が行われています。

Pick Up(全般)

Spencer Bogart氏:BTCに対して強気発言

ブロックチェーンベンチャーキャピタルのパートナーであるSpencer Bogart氏はCNBNのインタビューで、BTCに対して強気を隠さず、ビットコインは巨大な投資オプションであると述べている。

ビットコインの制度化は間違いなく起きる。

私はニューヨークのブロックチェーンウィーク中に動いている人なら誰でも明白だったと思う。

あらゆる主要銀行は、この分野での活動を模索している。

銀行はビットコインを顧客に提供するか、保管プラットフォームに取り組み始めるか、または取引デスクを開くことになるだろう。それはもちろんこの分野を取りに来ている。

Spencer Bogart氏のアドバイス:Bitcoinを7,000ドルで購入すると、おそらく10,000ドルに達する可能性がある

Bogart氏の予測は1年以上の期間であり、短期的には適用されないとのこと。

インタビューでは、今年の年末までに最低でビットコイン価格が10000ドルに達すると強気な予想で終わった。

ついにTezosが始動:ベータネットのローンチ発表

法廷論争で開発が遅れ、Tezos ICOは他のプロジェクトより遅れていた。

Tezosは、ICO調達額が約255億円を集めた巨大ICOで知られている。

現在、Tezosは、システムのテスト版であるベータネットで始動しだす可能性があることが分かった。

ベータネットの稼働日は発表はされていないが、しばらくテストを行った後、メインネット稼働が始まることを期待したい。

参考記事はこちら

BitBay:銀行との提携打切りでマルタ諸島へ移転

29日、ポーランド最大の仮想通貨取引所BitBayは、銀行が提携を取り止めたことを理由に、事業を停止すると発表した。

今後、仮想通貨に友好的な規制を敷くマルタ諸島に拠点を移し、事業を再開する計画とのこと。

ICON (ICX):シンガポールVCファームと提携で24%アップ

本日、韓国のIcoin社は、シンガポールに拠点を置くVCのTrive社(TRi5 Venturesと知られていた)と提携すると発表した。

Triveは新興企業を評価し、Blockchain開発のためのIconサポートへの迅速なアクセスを提供し、東南アジア諸国のブロックチェーンエコノミーの可能性を実現するために、地域全体のさまざまなブロックチェーン資産と統合するという目標を立てるとのこと。

スイスの航空サービス会社:ブロックチェーンを使用した航空貨物業務を試験事業

空港の地上支援業務と貨物業務を行うスイスの企業、Swissportが、航空貨物業務のブロックチェーン試験事業を立ち上げた。

グローバル貨物業務を率いるHendrik Leyssens氏は、ブロックチェーンは取引の迅速化やセキュリティの向上、業務コストの削減につながるとして、試験事業を、サプライチェーン・パートナーのオープンソース・プラットフォームの開発を目指している非営利団体(NPO)のOlamと共同で行う。

イーサリアムクラシック(ETC):フォーク成功

イーサリアムクラシックは、5,900,000ブロックに達した時、ディフィカルティボム(difficulty bomb)と呼ばれるアルゴリズムが取り除かれた。

時間が経つと共に、ブロックチェーンでマイニンングディフィカルティが増加するように設計されたこのコードは、2016年に元のイーサリアムコードベース(後にethereum classicとethereumに分裂する)の機能だった。

このフォーク直後に悪影響やバグの兆候は見られず、アップグレードにより、ブロックの生成時間が短縮されることが期待されるという。

Bitcoin Core(BTCC)誕生

2017年11月に、ビットコインキャッシュが誕生した時、BCHとBitcoin Clashicという2つのコインが受け取れていた。

そのコインは数ブロックマイニングされていたが、やがてマイニングされなくなり止まっていましたが、チェーンだけは消えていなかった。

数人の開発者が維持しており、Bitcoin Core(BTCC)にリブランディングされ誕生した。 なお、公式ウェブサイト上では、BTCCは”ビットコインのフォーク”と掲載されており、ビットコインキャッシュと同じように”Satoshi Vision”であることを主張している。

Bitcoin Core(BTCC)は、オープンソースのpeer-to-peerの電子キャッシュです。

Bitcoin Coreは、Bitcoin(BTC)からのフォークで、Bitcoin Clashicのアップグレード版。

Bitcoin Coreの真のビジョンは、ビットコインを讃え、その価値観、スピード、プライバシーのためサポートするようだ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加