McAfee氏の仰天計画:仮想通貨が価値を裏付ける独自法定通貨の発行検討

出典:John McAfee氏Twitter

マカフィー氏が独自仮想通貨の発行へ
仮想通貨市場への影響力で度々話題になっている「ジョン・マカフィー」氏は5月29日、仮想通貨に裏付けられた独自紙幣「マカフィーコイン」が、26日以内にデビューすると電撃発表を行いました。
マカフィー砲とは
世界的に有名なセキュリティソフト開発会社の創始者「John Mcafee」氏がTwitter上で行う、仮想通貨価格に大きな影響を及ぼすツイート群のこと。 同氏が取り上げた直後に急騰する仮想通貨が多いことから、”砲撃の威力”に準えて呼称される。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

マカフィーが明かす「仰天プラン」の内容

またもや、マカフィー氏の発言がニュースとなっています。

自身のツイッターで、「マカフィーコイン」という独自の通貨(紙幣)が、まもなくデビューすると発表しました。

USDTなどのUSドル(法定通貨)が価値を裏付けるのステーブル通貨とは逆転の発想であり、仮想通貨が価値を裏付ける「法定通貨」とされています。

マカフィーのツイート

「明日の夜、マカフィーコインを正式発表する。」

「銀行が進めているプロジェクトとは真逆で、”仮想通貨が価値を裏付ける、革命的な法定通貨”になる。私は本気だ。」

「この話は、冗談じゃない。”McAfee Redemption Unit”は現実であり、26日以内に発行予定だ。」

「現時点で詳しいことまでは明かせないが、両面にホログラフ加工を施した紙幣であり、シリアルナンバー(紙幣番号)が付いている。もちろん換金や両替もできるし、ブロックチェーンに繋がっており、(希少価値の高さから)コレクション対象にもなり得る。

市場影響力を持つ、マカフィーエフェクト

仮想通貨市場のアナリストは、マカフィー氏のツイートは、市場価格の急騰やFUD(恐怖・不安・疑念)ももたらすほど、大きな影響力を持つとしています。

現に今までも、一通のツイートで「1億円規模のICO投資を呼び寄せたり、特定の仮想通貨価格を+100%以上急騰させた」ケースがありました。

マカフィー氏のツイッターに82万人ものフォロワーが付いている現状から見ても、100万の大台に達するのは時間の問題と思われます。

このような影響力を手中に収めるマカフィー氏は、仮想通貨プロジェクトをプロモートする代わりに、ツイート毎に10万5000ドル(約1,142万円)を請求しているとEthereum World Newsで報じられています。

その壮大なビジョンを実現するにあたり、国の認可(法の問題)など大きな弊害があるのは間違いないですが、彼は「世界の通貨経済の将来を本気で変えようとしている」のかも知れません。

CoinPostの関連記事

John McAfee氏「仮想通貨戦争が勃発している、仮想通貨は証券ではなく通貨」
McAfee氏は、銀行や、政府、金融機関、規制局の活動が、仮想通貨コミュニティを害しているとし、この現状を変えるために、人々は行動を起こさなければならないと言及しています。
McAfee氏またも強気発言「上位10種の通貨は劇的な上昇を果たすだろう」
月曜日のツイートにて、マカフィー氏はトレーダーに対し、次の仮想通貨の盛り上がりに備えるよう促しました。仮想通貨市場への資本の流入によって上位10種の通貨は劇的な上昇を見せると述べています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加